ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これからの季節に盛り上がるロックフィッシュゲーム!感度・操作性・パワーの3要素を高めた天龍専用ロッド「ロックアイ・ヴォルテックス」

年中通して楽しめるロックフィッシュゲーム。

特にこれから寒さが厳しくなる季節にかけては、このロックフィッシュゲームが非常にも盛り上がるタイミングでもあります。

ロックフィッシュと一言で言っても、カサゴやメバルがメバルを狙うライトなターゲットから大型のソイやハタを狙うターゲットとさまざま。

秋~冬にかけては狙いどころの魚種でいえばカサゴやアカハタ、オオモンハタ、アイナメが代表されます!

特に東北・北海道ではアイナメなどが大いに盛り上がります!

今回紹介するのは天龍から展開されているロックフィッシュ用ロッド、「ロックアイ・ヴォルテックス」。

出典:天龍公式ロックアイ ヴォルテックス詳細ページ

この「ロックアイ・ヴォルテックス」はベイトとスピニングで4機種ずつ、合計8機種が展開。

パワーもベイトはM~HHクラス、スピニングはL~Hと幅広く、現代の多様化するロックフィッシュゲームに対応するラインナップとなっています。

各機種のスペック

ベイトモデルのスペック

モデル レングス(ft) 継数 アクション 仕舞寸
(cm)
適応ルアーウエイト
(g)
ライン
lb/PE(号)
自重
(g)
カーボン

/グラス
(%)

本体希望価格(税抜き)
RV71B-HH 2.16[7’1″] 2 (O.S.H) F 180 14-45 12-30lb

1-2号

157 89/11 ¥34,000
RV74B-M 2.24[7’4″ 2 RF 115 5-28 6-14lb

0.6-1.5号

131 86/14 ¥37,500
RV78B-HH 2.34[7’8″] 2 F 120 14-45 12-30lb

1-2号

149 82/18 ¥38,000
RV85B-HH 2.57[8’5″] 2 F 131 14-45 12-30lb

1-2号

161 82/18 ¥38,500

ロックフィッシュゲームでは根などに潜られることが多く、巻き取るパワーが強いベイトタックルが主流となります。

この「ロックアイ ヴォルテックス」では近距離でのパワーファイトに強いRV71B-HHやバーサタイルモデルのRV74B-M・ RV78B-HH、遠投先でのパワーファイトにも優れたRV85B-HHの4機種が展開。

RV71B-HHはボートゲームにも対応!

このRV71B-HHは近距離でのパワーファイトを得意とするロッド。

そのためオフショア、ボートゲームにもマッチします!

ショートバイトを捕るために、ソフトティップを採用し、瞬間的なフッキングが出来るアクションとなっているため感度とパワーは抜群!

重めのトッププラグからバイブレーション等のキャスティングにも重宝します!

ほかにもテクニカル・バーサタイルモデルRV74B-Mもボートゲームに流用が可能!

このRV74B-Mはボトム感知にも長け、1/2oz(14g)クラスのウェイトを扱い易いのが特徴です。

瀬回りのピンポイントキャストや浅場のボトム攻略などにも非常に活躍してくれる性能となっています。

 

スピニングモデルのスペック

モデル レングス
( m [ft])
継数 アクション 仕舞寸
(cm)
ルアーウエイト
(g)
ライン
lb/PE(号)
ロッドウエイト
(g)
カーボン/グラス
(%)
本体希望価格(税抜き)
RV75S-L 2.26[7’5″] 2 RF 117 5-20 5-12lb

0.6-1.5号

108 86/14 ¥37,000
RV76S-ML 2.29[7’6″ 2 RF 117 5-25 5-12lb

0.6-1.5号

119 75/25 ¥37,000
RV78S-H 2.34[7’8″] 2 F 120 8-30 8-20lb

0.8-1.5号

140 82/18 ¥38,000
RV91S-H 2.77[9’1″] 2 R 142 8-35 8-20lb

0.8-1.5号

156 85/15 ¥41,000

近年、注目されているのがスピニングでのロックフィッシュゲーム。

ベイトと異なり、ライトリグや操作性に長けているのが特徴で、このロックアイ ヴォルテックスでは4機種がラインナップされています。

5~7g程のライトリグを遠投できるタフコンディション対応モデルRV75S-L

このRV75S-Lは他の機種に比べやや特殊で、5~7g程のライトリグをベースにしながら、タフコンディションにも対応できるフィネス系のロッド。

近年ではアングラーの増加などで、ただ遠投するだけでは釣れなくなってきているのが現状。

RV75S-Lでは軽量のリグを遠投することができ、ターゲットサイズが小さいエリアやスローなアクションが効く、ナーバスな状況を攻略するときに活躍するモデルとなっています。

また同様にライトリグに対応したRV76S-ML も展開されており、こちらはジグヘッドリグのスイミングなど、ベイトが浮いている時や、小型のベイトを捕食している時に活躍します。

どちらもライトリグ対応ではありますが、バットパワーは非常に強く、根に潜らせないで抜きあげられる性能となっています。

ヘビーリグに対応したRV78S-Hと遠投性に長けたRV91S-H

RV78S-Hはスペックなどを見ると、ベイトのRV78B-HHのスピニングモデル版と思われがちですが、性能は両極端。

RV78S-Hは繊細さを求め、スイミング系のリグと相性が高いスペックとなっています。

根の中よりも上に付く習性のハタ系を狙ったスイミングリグを得意とし、深いエリアなどでヘビーリグを繊細に操作しつつ、スイミングを意識した使い方に特化させています。

小口径ガイドを採用したことでシャープさと感度が高めながら、繊細な操作とパワフルさを兼ね備えたバーサタイルスピンに仕上がっています。

一方のRV91S-Hはシリーズ最長のレングスで、長さを活かしたロングキャストが得意とします。

今まで届かなかったエリアを射程に入れた異端児的ロッドで、遠投先でもとらえる感度が魅力となっています。

アングラーが多い激戦区などではより重宝されるロッドとなっています。

ロッドの詳細記事などはこちらをチェック!

多様化するロックフィッシュゲームに合わせた多彩なラインナップ!スピニング・ベイトそれぞれで展開!天龍の「ロックアイ ヴォルテックス」

天龍公式ロックアイ ヴォルテックス詳細ページはこちら

ロックアイヴォルテックスの紹介・実釣動画はこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。