ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ショアラバにも活躍!持ち重り感の少ない天龍のサーフ用ロッド「パワーマスター サンドウォーカー」

天龍から展開されているサーフ専用ロッド「パワーマスター サンドウォーカー」

パワーマスター サンドウォーカーはサーフゲームに求められる飛距離・キャスト性能・パワー・追従性・ファイト中の貯めといった要素をバランス良く取り入れられている専用ロッドです。

サーフゲームではよくシーバスロッドやライトショアジギングモデルが流用されていますが、サーフ専用ロッドならではの「曲がる」「しなやかさ」を備え、波打ち際のバラシを防止する設計がされています。

波の上下に対してもフレキシブルにロッドがしなるため、アングラーがランディングに集中できるなど、深いこだわりが凝縮されています。

ショアからのキャスティング・タイラバでも活躍!

出典:天龍公式スタッフブログ詳細ページ

さて、今回はそんな「パワーマスター サンドウォーカー」でのショアラバについてのご紹介!

ショアラバとはショアからのキャスティング・タイラバのこと。

ショアラバは基本投げて巻いて誘うのが中心で、漁港や堤防、サーフ、磯、ゴロタ、河口など、いろんな場所でできる釣りになります。

狙える魚種も豊富でタイはもちろん青物やフラットフィッシュ、ロックフィッシュなど様々。

投げて巻き続けるショアラバでは10ft前後のシーバスロッドやショアジグロッドだと、長さ故に重さを感じてしまい長時間の釣行などには不向きです。

そこで合致するのがサーフ用の「パワーマスター サンドウォーカー」というワケです!

特に1032S-MLMだとレギュラーファーストの調子で、巻き取り時の抵抗が少なくショアラバの釣りともマッチします!

10ftの長さがあるので食い込みも良く、バイト時の魚の首振りのアクションにも十分対応してくれます。

オーバーヘッドキャスティングで50gのショアラバにも対応しているので、潮の複雑なエリアを広範囲を探るのにもオススメです!

各機種のスペック

出典:天龍公式「パワーマスターサンドウォーカー」詳細ページ

モデル レングス

( m [ft])

アクション 仕舞寸

(cm)

ルアーウエイト

(g)

ライン適正

lb

/PEライン(号)

ドラグMAX

(kg)

リアグリップレングス

(mm)

ロッドウエイト

(g)

本体希望価格

(税抜き)

PMS9102S-ML 3.00[9’10”] RF 153 Best20g

Max45g

MAX25lb

0.8-2号

4 420 175 ¥43,000
PMS1032S-MLM 3.12[10’3″]] F 160 Best30g

Max50g

MAX25lb

0.8-2号

4 420 184 ¥43,500

パワーマスター・サンドウォーカーは2機種が展開されています。

近・中距離向けテクニカルモデルのPMS9102S-MLと遠投性と操作性を両立させたバーサタイルのPMS1032S-MLM。

ロッドウエイトは両機種とも200gを下回る重量で、サーフではランガンを基本とするため、長時間ロッドを振っても疲れにくい性能となっています。

 

そのほかのパワーマスター・サンドウォーカーの紹介記事はこちら

サーフ専用ロッドならではのフレキシブルなブランク設計!天龍の「パワーマスター・サンドウォーカー」

サーフ専用ロッドならではの特色!絶妙なしなやかさを持つ天龍「パワーマスター・サンドウォーカー」

 

天龍公式パワーマスター サンドウォーカー詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。