ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【荒食いの秋?絞りきれず難しい秋?】deps安江勇斗に訊く!秋バスにまつわる5つのこと

秋のバス釣り。

適水温になって釣りやすい!という方もいれば、絞りきれずに難しい!という方も。

「秋以降はビッグベイトのストロングスタイルが良い感じ」と話すのがこの人。

【秋の霞ヶ浦水系×ビッグベイト】deps安江勇斗の新しい武器「SWEET KILLER」の使い所

霞水系をホームとするdepsの安江さん。個人的には秋バスが得意なイメージのある安江さんに、秋バスのアレコレ聞いてみました!

 

秋は巻きモノ!秋にオススメの巻きモノプラグは?

秋におすすめの巻きモノとしてはイヴォーク1.8です。

巻き感と潜行レンジが特にシャローの多い霞水系では使いやすいんです。発売してからまだ秋を迎えていないので今シーズンは特に注目してるルアーです!

 

巻きモノのフォローには何を使ってますか?

フォローというわけではないかもしれませんが…Bカスタムの1/2oz、ダブルウイローです。

使い方はボトムに当てながらのリーリングがメイン。これは、エリアを移動する前に投げる事が多いです。

長年使ってきていますが、なにかとバスを絞り出せる不思議な力があると感じています。

 

オカッパリで持っていくならこの1本

GE-68MHRカバーゲームエレメント COVERGAME ELEMENT

使い始めに感じた「粘り強く強いブランクス」は、使い込んでも想像通りで、自分の過酷な使い方にもトラブルなくポテンシャルを発揮し続けてくれています。カバーゲームはもちろんですが、ビッグベイトゲームでも僕は使用しています。

 

夏にいつまでも引っ張られるな!〇〇になったら秋!

個人的には横の動き、巻きモノに反応がよくなってきたら秋と判断。あとは台風で大増水した霞ヶ浦を見ると「いよいよ秋だなぁ」と感じますね。

 

秋といえば台風!激濁りに効くルアー(ワーム)といえば

ズバリ、ラバージグ!僕はフラットバックジグバルビュータを使用しています。

濁りといえば黒系が定番ですが、濁りが取れてきたタイミングには黒系以外のカラーもローテーションしています。

 

というわけで、上手い人に乗っかれば上手くなる!なんて言いますが、秋の気難しいタイミングにぜひ参考にしてみては!

 

deps

1996年設立。日本屈指のデカバスハンター奥村和正氏が代表を務める、京都府に拠点を置く総合ルアーメーカー。 ロッド「サイドワインダー」シリーズや「サイレントキラー」「デスアダー」といったプラグやワームなど、数々のデカバスに直結する名作を多数輩出。