ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【プラグとジグの中間的存在】ジグなのに軽い!シマノ「アオモノキャッチャー ハイアピール」/港湾エリア・ロックショアに

待望の青物シーズン到来!

ナブラに潮目、潮のヨレに…放り込みたくなりますよねぇ、ジグ。

そんな折、シマノの青物専用ジグ「アオモノキャッチャー」にハイアピールモデルが登場。

 

アオモノキャッチャー ハイアピール

シマノ公式「アオモノキャッチャー ハイアピール」詳細ページはこちら

 

ジグなのに軽い?プラグとジグの中間的存在?

シルエットは実績十分のアオモノキャッチャーを継承しつつ、最大の特長は従来よりも比重の軽い合金を使用しているので、ちょっと軽い。

ナブラが湧いていてもプラグだと大きすぎて、なかなか喰わせきれない。でもジグに変えると重たすぎるのか、良いレンジをキープできない。そんな状況を打開すべく開発されたのが「アオモノキャッチャー ハイアピール」。

従来と同じ重さでも、一回りサイズ感が大きくなりフラッシングによるアピール力が向上。逆にサイズ感を合わせれば、従来よりも軽い重さで扱うことができ、よりスローでナチュラルな演出が可能。

従来のラインナップに加え、さらなる戦略的なローテーションが可能に。

 

アシストフックにも注目

これで、ピンときた方はかなりのツウ。

ビッグシルエットになることで大型魚も視野に入る。そこでフックは太軸の管付きフックを採用。加えてアシストコードも従来のソレよりもより太くリファイン。

 

解説動画をチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

スペック&ラインナップ

サイズは28~65gという、堤防など身近なフィールドでも使いやすいサイズがラインナップ。

希望本体価格は28gが790円、40gが860円、65gが900円となっております。

カラーラインナップ

カラーラインナップは釣れ筋カラーを中心に全8色。006のフルグロー以外はすべて強鱗ホログラムを採用し、食わせのひと押しを演出。

 

目の前に広がるナブラ攻略に。アピール力を活かしパイロットルアーとして。…使ってみたいです!

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。