ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バックスライドだけじゃない!イヨケン伊豫部健のゲーリー「ハガー」秋の使い方

秋のバス釣り特集

2019年に登場、ゲーリー初となるバックスライド系ワーム。

イヨケン伊豫部健さん渾身のプロデュースハガー4.4inch

ハガーといえば、バックスライド=カバー系=夏の釣り。

…だけじゃないぞ、と。「これからの時期、こんな使い方が効くよ~」と、伊豫部さん本人に訊いてきました!

伊豫部健(Ken Iyobe) プロフィール

日本とアメリカで活躍するプロアングラー。アメリカのB.A.S.S.バスマスタートーナメントに参戦中。2014年には世界最高峰バスマスターエリートシリーズに昇格。超ポジティブな性格で常に新しいことに挑戦し続け、バスフィッシングの楽しさを伝え続ける人物でファンも多い。株式会社KIOB 代表取締役。1979年生まれ

 

「ハガー4.4inch」というワームについて

 

名前の由来は「ハグ」をするような動き。そして、映画「エイリアン」シリーズに登場する顔に貼り付くタイプのエイリアン「フェイスハガー」。そこからヒントを得たという「ハガー4.4inch」。

そもそもは伊豫部さんとゲーリー総帥の河辺さんで「スローにゆらゆら落ちていくワームを作ろう!」という話になったのがキッカケ。プロトをあれこれテストしているウチにバックスライドをするモノがあることに気付き、「だったらしっかりバックスライドするものを作ろう!」となり、本格的に開発がスタートしたという経緯が。

シルエットは日本全国にいるザリガニやテナガエビをイメージし、オカッパリでの使用も視野に入れた高比重のマテリアルは「7inchヤマセンコー」がベース。

そこで、ヤマセンコーをカットしたボディに、伊豫部さんが割り箸を削って作った型に素材を流し込こんで作ったハンドポワードのアーム、河辺さんがCADで作った足(スタビライザー)をライターで炙ってくっつけたサンプルが完成。これがバックスライド系ワーム、ハガーの原型。

 

バックスライド…だけじゃないこんな使い方

さて、ここで冒頭の話です。

季節の変わり目のこの時期。もちろん、まだまだカバーに依存しているバスはいるし、カバーの奥をバックスライドで撃っていく釣りも有効。

ところが。水温の低下によりバスが散るタイミングでもあるこの時期、よっぽどおいしいカバーでないと1つずつ撃っていくには効率が悪い。まして、季節が進むと北風が吹いたりノーシンカーがやりにくくなるという事実もあるわけです。

そこで、伊豫部さんが投入するのが「ハガーのフリーリグ」

 

1 / 3
次へ