ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

その気にさせる超々食わせ系フィネススティックベイト。レイドジャパン「フィネスティック」をいじる

秋はベイトを釣れ、なんて言いますが。

圧倒的食わせ力。切り札。もはやエサ。見たまんまベイトのこのワーム。

SNSを覗くと好釣果がズラッと。釣れているのは、秋が近づいているなのか、それともその食わせに特化したワームのポテンシャルなのか。

…というわけで入手。

 

FINSESTICK(フィネスティック) 3.5inch

length…3.5inch カラー…各10色 価格…850円(9本入)

間違いない感。スティックベイトの名作「ファンタスティク」をフィネスに、そしてライトにしたモデルが「フィネスティック」

 

思いっきり食わせに寄せたフィネスティック

「水中にある時にはいついかなる場合でも魚を誘ってくれること」がコンセプトのオリジナルのファンタスティック(4.8&5.8in)はノーシンカーでの使用を視野に、高比重の設定。

それを思いっきり食わせに寄せたのがフィネスティック。マテリアルは「ノンソルト仕様」で、持った感じはかなり柔らかい。ボディのリブ、テールと相まって、極々軽量のリグでも艶かしくアピールできるのか…と。適度にハリがあるので針持ちも良さそうな感じ。

 

3.5inchというサイズ感も絶妙。ドンピシャ。モロコやクチボソ、オイカワ、ワカサギ、アユとか…ため池、河川、リザーバー、湖など、国内の淡水にどこにでもいますよね、このサイズ感の細身の魚。

弱すぎず強すぎない。サイトでもブラインドでも、これは大きな武器になるんじゃないかと。

 

ライトリグ全般に

続いてはリグです。先に結論から言うと、ライト系なら何でも使える

ダウンショットリグ、ジグヘッドリグ、ライトキャロ&スプリットショットリグ、スモラバトレーラー…等。個人的には1gちょいくらいのライトなダウンショットが一番ポテンシャル感じられるんじゃないかなと。

 

カラーラインナップ

にじみ出てますね、食わせに振り切った感。いや、振り切るならこうあるべきか…。ナチュラル系オンリーのカラーラインナップは次の通り。

 

036-SCUPPERNONG

 

042-DARK CINNAMON SHAD

 

048-PEARL WAKASAGI

 

057-CALL WHITE

 

063-COSME SHAD

 

064-SAND FISH

 

067-GURIPAN SUKERU

 

071-ZACO

 

072-STEALTH FISH

 

073-SWEET FISH

 

切り札に良し、最初から投入して数を稼ぐも良し。一度使えば、コレがないと不安…と言うアングラー続出。その中毒性にやられてみてください。

 

関連動画はこちら

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」