ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【晩夏の難易度MAXフィールドを釣る】ハイプレメジャーリザーバー「相模湖・津久井湖」のモリケン森田 健太郎の攻略法

寄稿:森田 健太郎

皆さんこんにちはハイドアップスタッフのモリケンです!

8月ももう終盤となるタイミング、まだ夏パターンとは言いつつも終盤戦です!

秋っぽい魚が増えつつはありますが、まだ大多数が夏という感じの最近のフィールド。今回は関東のハイプレッシャーリザーバーを例に攻略法をご紹介していきます。

森田 健太郎(Kentaro Morita) プロフィール

HIDEUPフィールドテスター、VARIVASフィールドテスター。愛知県名古屋市在住の若手アングラー。バスはもちろんのこと、エリアトラウトやソルトウォーターもハイレベルにこなす。

 

ハイプレメジャーリザーバー「相模湖・津久井湖」で釣る

この夏は相模湖・津久井湖に通い、連日50オーバーを筆頭にビッグバスをかなり釣り込みました

 

夏パターンの延長戦

お盆がすぎて残暑残る8月後半〜9月のフィールド。リザーバーを例に取ると、まだまだバックウォーターにはバスが居残るタイミング。つまり狙い所になります。

しかし、夏の間叩きに叩かれた今のタイミングはプレッシャーの蓄積具合もMAX状態…。何投げてもガン無視みたいな状況もザラだと思います。特に相模湖、津久井湖などは人も多く、恐らくプレッシャーのかかり具合は日本一!

そんな難しいタイミングでは、バスは糸=釣り人&ルアーと認識して非常によく見るようになります。逆にいえば、糸の存在を消してあげる事が最重要事項になりますね!

 

1 / 3
次へ