ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キモは水深と視認性】イカメタルの名手、氏家 隆の必勝パターン「カラーセレクト」/あえて赤・緑・金テープを選ぶ理由

寄稿:氏家 隆
エギング&イカメタル特集

皆さんこんにちは。「HAYASHI」のフィールドスタッフ氏家 隆です。

2021年の今年、例年に増してケンサキイカのスタートが良かった印象です。良い思いされましたか? そして、それに伴いイカメタル人口も増えている今日この頃。嬉しい限りです。

さて、今回ご紹介するのは昨年発売して大好評だった「桐スッテ」。その桐スッテに新色を出したので説明しましょう。

氏家 隆(Ujiie takashi) プロフィール

石川県在住。林釣漁具製作所アンバサダーでイカメタル、エギング、オフショアジギングなど幅広い釣りに造詣が深いマルチアングラー。

 

そもそも桐スッテとは

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、林釣漁具製作所には昔から桐で作った「餌木猿」と言う餌木のシリーズがあります。

 

この餌木猿は素材に「桐」を使用しており”キビキビ”と、そして海水を含んできるとナチュラルな動きになるという特長があります。バルサなどでできたウッド製のルアーはキビキビと動きますよね。そんなイメージです。

そこで、どうしてもこの桐を使ったスッテを作りたく、試行錯誤を繰り返し2020年、やっとの思いでこのドロッパー(浮スッテ)ができあがったんです。

2.5号(約55mm)、3号(約61mm)、3.5号(約68mm)の3サイズがラインナップ

最大の特長はやはり桐を使用していることにより、使い始めは桐のキビキビした動き。そして時間が経つにつれ海水を含み非常にナチュラルな動きに変わるというスッテになっています。

また、昔ながらの釘打ち夜行目玉を採用。時にグローボディを嫌がる状況などがあり、一般的なグローボディと目玉のみ光る無垢ボディで使い分けるとスレたイカに効果的。

 

赤・金・緑のテープを使用したマジョーラカラー「桐スッテ 孔雀シリーズ」

さて、前置きが長くなりましたが、NEWカラーについてです。

今年は光の角度によって色が変わるマジョーラ布を採用、金、赤、緑のテープを使用した「孔雀シリーズ」をリリースしました。

赤クジャク

緑クジャク

金クジャク

 

昨年登場したグローをベースとした定番カラーとも言える8色に新たに3色が加わった形です。

8色の既存カラー

 

1 / 3
次へ