ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ秋の荒食いシーズン直前】シーバスゲームに!ハイドアップ乃村弘栄厳選の3つのルアー

寄稿:乃村 弘栄

皆様こんにちは!乃村弘栄です!

間もなく秋の荒食いシーズンを迎えるシーバスゲーム。今回はシーバス相手にオススメのアイテムをご紹介させていただきます!

乃村 弘栄(Kouei Nomura ) プロフィール

石川県出身・滋賀県在住。 もともとはバリバリのトーナメンターだが、現在は一時活動を休止し、ミックバスクラブ内レンタルボート店【フィッシングゲート】を営みながらガイド業をこなし、ハイドアップ・VARIVASフィールドテスターを勤めている。ブラックバス以外の釣りにも造詣が深く、これまでに国内ではアカメやイトウ、ビワコオオナマズ、オオニベ、海外ではピライーバやピラルクー、バラマンディなど数々の怪魚を釣り上げているマルチアングラー。

 

その①:N-GREEIDIE

まずは、N-GREEIDIE ノーマルモデル!通称「エヌグリ」です!

コノシロパターンや落鮎パターンなど…ベイトが大きいときに

コノシロパターンやオチアユパターン等、大きめなシルエットが有効になる事が多い秋。全長は100㎜しかないものの体高が有りファットなボディ。コノシロ、オチアユ、イナッコ等、大型のシーバスが好む高エネルギーなベイトにマッチするフォルムとなっております。

画像は昨年の物になりますが、東京湾でコノシロパターン時にエヌグリが大炸裂! この時の様子は動画にもなっておりますので是非ご覧ください!

出典:YouTube「HIDEUP Channel」

 

エヌグリはこんなルアーだ!

2つのラインアイがあり、ノーマルモデルはミノーモードとバイブレーションモードを素早く切り替え可能。

また、専用のアイがあるので「Nogalesクイックチェンジャーシンカー」を使用すれば、フローティング・スローシンキング・ファーストシンキングへも素早く切り替えが可能。(約7g以上でシンキングに変わります)

ソルトカラーは全10色で好評発売中です!

 

 

2021年はZモデルにも期待大!

そして今年は…N-GREEDIE Zモデルが登場!

ノーマルモデルとは全く別物のルアー

シルエットこそノーマルモデルと同じだが、アクションは全く別物のZモデル。

タダ巻きでのスラロームアクションも魅力ですが、ロッドワークによる左右への水中ドッグウォークは180℃近いターンが可能!喰わせたいスポットで自在にアクションさせる事ができるルアーとなっています。

カラーは全12色で発売中。

“線”の釣りが得意なノーマルモデル。”点”の釣りが得意なZモデル。

具体的な私の使い分けとしては…

オープンウォーター等を広範囲に探る時→ノーマルモデル

橋脚やベイトボール等の喰わせたいスポットが決まってる時→Zモデル

というように使い分けています。

また、ノーマルモデル、Zモデル共通で1.2㎜の貫通ワイヤーを採用。

青物等のパワーがある魚がHITしても安心してファイトができます。

大型のベイトを喰ってる場合はノーマルモデルとZモデルを使い分けて、是非N-GREEDIE試してみて下さい!

 

1 / 3
次へ