ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【堤防や港で手軽に楽しめる】小型回遊魚やマイクロベイトパターンで有効!ハヤブサ「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」

自然相手の釣り。

良い日もあれば悪い日もしょっちゅう。でも、せっかく釣りに来たんだから何としても、魚を釣ってお土産を確保したい。さて、そんな時に活躍するのがハヤブサの「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」。ショアジギングに行く際はボックスに忍ばせておくと安心ですよ。

 

堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット

ハヤブサ公式「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」詳細ページはこちら

 

夏場のシラスベイトパターンや、回遊している魚種が小さい時に活躍する、ハヤブサが手掛けるジギングサビキ「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」。

普段お使いのジグへ装着するだけで、ジギングサビキへ早変わりさせることが可能。モチロン、ジャックアイシリーズとも相性バツグンで、ショアジギングの釣れない時間の秘密兵器としてサポートしてくれます。

 

生命感溢れる動きを演出

擬餌をよりルアーライクにした「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」。

ルアーテイストなツートンカラーに仕上げられているので、ジグとの相性もバッチリ! 実際にジグを装着して動かすと、巻いている時は疑似が揺れ、止めるとフワッと漂うようなアクションを演出。

フックも複数あるため、遠くからでも視認性バツグンで、ショアジギングでは反則といわれる程。小型回遊魚が回っているタイミングでは効果絶大です。

 

サビキのフックにも注目!

こちらは記者個人的な意見になりますが、ジギングサビキのフックには、チヌ針や伊勢尼といった色々なフックが採用されていますが、今回紹介している「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」にはイサキ針が使用されています。

イサキ針って胴打ち加工が施されていて、水中でのフラッシング効果が非常に高いフック! コレがティンセルの誘いと合わさることで、カナリ広範囲にアピールしてくれると思いますよ!

 

ハヤブサスタッフ「橋本 翔大」さんによる使い方も参考に!

ハヤブサスタッフ「橋本翔大」さんが、オススメする使い方がメチャ参考になるので、そちらも紹介したいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

橋本翔大さん流のセッティングは「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」に「ジャックアイマキマキ」を装着するという方法。

コレを「タダ巻き」もしくは、フォール主体のスローなストップ&ゴーでアプローチ。これがとにかくメチャ釣れるそうですよ! この組み合わせもぜひお試してみてくださいね。

 

カラー&スペック

カラーは「ブルーイワシ」と「アカキン」の2色展開で、サイズは「S」、「M」、「L」の3サイズとなっています。

 

ブルーイワシ

 

アカキン

 

サイズ カラー 税込価格
S 1 ブルーイワシ ¥407
S 2 アカキン ¥407
M 1 ブルーイワシ ¥440
M 2 アカキン ¥440
L 1 ブルーイワシ ¥473
L 2 アカキン ¥473

 

小型回遊魚やマイクロベイトが多い季節! ぜひ「堤防ジギングサビキEX ライブリーベイト 2本鈎2セット」を使ってイイ釣りをしてくださいね。

 

関連記事&動画がこちら!

【ジャックアイ】夏の沖堤防ライトショアジギング!ソーダガツオやシオなど、夏らしい魚が連発!

出典:YouTubeチャンネル「HAYABUSA公式チャンネル」

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。