ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャックアイ】夏の沖堤防ライトショアジギング!ソーダガツオやシオなど、夏らしい魚が連発!

寄稿:橋本 翔大

皆さんこんにちは!ハヤブサスタッフの橋本翔大です!

夏真っ盛りの暑いシーズン。海水温も上昇し、ソーダガツオやサバ、ツバスにシオ(ショゴ)など、小型回遊魚が最もよく釣れるシーズンです!

今回は愛媛県宇和島市でライトショアジギングを堪能し、夏らしい魚がたくさん釣れましたので、その釣行を振り返りたいと思います!

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

朝イチはジャックアイマキノミーのただ巻きに好反応!巻くだけでハイアピールできるブレードが有効!

今回お世話になったのは宇和島市から出港されている『田島渡船』様。御五神島や沖堤防などへ渡していただける渡船屋さんです。

優しい船長に案内されたのは、大自然の中にポツンとたたずむ小さな沖堤防。入道雲も浮かんでロケーションは抜群!

 

朝イチはジャックアイ マキマキで表層付近を探りますが、反応なし。レンジを表層から中層、低層へと徐々に下げていきます。マキマキはメタルジグですが、ただ巻き専用のメタルジグ。従来のメタルジグとは違い横方向でのアプローチが可能。横切りでレンジを集中的に探ります。

 

 

ここで、マキマキ以外のジグでもアプローチしたいと考えジャックアイエースで広範囲を探ります。他のジグを圧倒する超ぶっ飛び仕様のエース。やはりショアジギングにおいて飛距離はアドバンテージとなります。

ボトムまで沈めてワンピッチジャークを始めた瞬間、ドスンと重みを感じフッキング。かなりの良型カサゴでした!

 

ベイトがいて、潮が動き出したタイミングに!

水深は15mほどあり、ベイトもかなり回っている状況。いつ回遊魚が回ってきてもおかしくありません。

潮止まりから動き出しで一気に海中の魚が動き出した感じ、潮目も近づいてきたなーと思いながらただ巻きしてると…表層付近でいきなりゴツンときました!

かなり近いところでヒットしたため、最初は戸惑ってしまいましたが、抜き上げてみるとサイズは小さいもののシオ(カンパチの幼魚)でした!この1匹のほかにも3~4匹ついてきていたので、群れで回遊していたところを仕留めることができました。

 

潮が効き始めたタイミングでジギングサビキを投入すると、ソーダガツオがヒット!

ここでよりベイトサイズにマッチさせるために、ジギングサビキを投入! 夏場のベイトはシラスが多く、小さなシラスベイトを捕食しているターゲットにはジギングサビキがオススメです。

新しく発売となった堤防ジギングサビキEX ライブリーベイトの下部にマキマキを付けて、スローなストップ&ゴーでフォール主体で誘っていきます。

ボトムまで落として巻き始める瞬間にゴン!上がってきたのはまたしても超カサゴ。この日もう何本釣ったか分かりません(笑)

 

下げ始めでドン!

さぁ、潮見表で確認すると潮が下がり始めるタイミング。急激に潮の効きがよくなり、自然と気合が入ります。

そしてロングキャストしてフォール中に小刻みなアタリが! すかさずアワセを入れるとなかなかの重量感です。

 

上がってきたのは夏っぽい魚第2弾のソウダガツオでした!

夏らしい魚が釣れたところで、この日は納竿としました。

 

夏のショアジギングはめちゃくちゃ楽しいですが、暑さ対策は万全に!

毎年夏になるといろんな魚の活性が上がり、特にライトショアジギングでは小型回遊魚のハイシーズンを迎えます。30~40g程度のメタルジグやジギングサビキでライトに楽しめるため、初心者の方にもオススメのシーズンです。

しかし、忘れてはいけないのが「暑さ対策」。この時期は熱中症に注意しましょう。特に沖堤防では影もなく本っ当に暑いです。必ず水分や氷は多め(多すぎるくらい)に持っていくようにし、疲れたら無理せず休憩するように心がけてください。

 

タックルデータ

ロッド:コルトスナイパーSS S96M 【シマノ】

リール:18ステラ(C5000XG) 【シマノ】

ライン:アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 1号 【VARIVAS】

リーダー:シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30lb 【VARIVAS】

 

着用アパレル

トップス:FREEKNOT UVメッシュTシャツ ブルー

ボトムス:ライトストレッチ コンバーチブル カーゴパンツ ベージュ

 

ハヤブサ公式チャンネルで動画公開中

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。