ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ニッポン流・激釣れアラバマ系リグ】「トレジャートラップ」まとめ! セット法、使い方、キモ、最新情報などなど全網羅

正しい「トレジャートラップ」の使い方

まずキャストしてからのリーリング(巻く)のですが、着水後にすぐに巻き始めるのは実はNG。
そのままリーリングしてしまうと表層をトレースするだけなので、あまり効果的とは言えません。正しいイメージとしては、ボトムから伸びたウイードのトップに、たまにルアーが当たる程度のレンジを通す要領というのが正解。

そのため、着水後にカウントダウンを行い、任意のレンジまでフォールさせてから巻き始めることが重要となります。

またリーリング中の姿勢にもコツがあり、ロッドティップを下げた姿勢は基本的にNG。

正しくは、腰の辺りからほぼ真っ直ぐになるようにロッドを構えることで、トレジャートラップが不用意にウイードに突っ込む確率が減り、安定したコースを通ることができます

トレジャートラップで狙うべきポイントは?

庄司さんが「トレジャートラップ」で主に狙っているのが、ウイードフラット。ん? エッジじゃないの?と思われるかもしれないが、実はフラットの中にもエッジが存在します。具体的には、広大なウイードフラットの中にはウイードが薄い場所や抜けている場所があり、そこをバスがエッジとして認識して回遊または居付いていることが多いそうです。

さらに詳細は以下の記事を参考にどうぞ!

【実釣動画】冬琵琶湖のシン定番!庄司潤がトレジャートラップのノウハウを赤裸々に公開!

次ページでは、「トレジャートラップ」関連の便利グッズや、気になりマクりなニューモデル情報も!

2 / 3
前へ 次へ