ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メガバス×河辺裕和】歴史の生き証人が見せてくれるもの

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

2021年、かなり上位に入るほどの驚きだったのが…

あの河辺裕和さんが、メガバスのサポートを受けることになった…というニュース!

河辺さんプロデュースのルアーがメガバスから登場するのか?!なんて、バス少年だった幼少期から馴染み深い2つのビッグネームに心躍らせたものです。

そんな折、メガバス公式Youtubeチャンネル「Megabass Channel」で、こんな動画が配信。

 

KAWABEがズバリお見せします。初夏のリザーバー攻略!! / 河辺裕和

出典:YouTube「Megabass Channel」

「本当に河辺さんだ!」と、仕事中にも関わらず…イッキに見てしまったこちらの動画。河辺さんのテクニック×メガバスの最新技術を搭載したプラグ達で数々のバスを魅了。

 

メガバスとの出会い

初めて買ったメガバスルアーは「V-FLAT」だったとか、ほしかったメガバスルアーが当時どこに行っても手に入らず「手に入らないなら、いらない!」とあえて使わなかったという”らしい”エピソードなど…。

釣りもさることながら、メガバスの出会いやサポートを受けることになったキッカケなど、個人的にはかなり見応えのある内容。

そういえば、この人も…

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinya Aramaki(@zatsuo408)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinya Aramaki(@zatsuo408)がシェアした投稿

 

河辺さんが見せてくれるもの

肝心の釣りはというと、夏の早明浦ダムを舞台に名作X-80 TRICK DARTERX-80Jr.KARASHIなどをメインに使用。次々にデカバスを釣り上げていきます。

ほんと、自然体で釣りを楽しそうにしているところが印象的。このあたりが歴史の生き証人たる所以ではないかと。

X-80 TRICK DARTER

X-80Jr.

KARASHI

 

ただのトゥイッチじゃない?河辺さんのテクニックが光る場面も

後半では、トゥイッチの動きに慣れて渋くなったバスに口を使わせるオリジナルテクニックも登場。さすがです。

 

バスアングラーなら一見の価値アリなのではないでしょうか。「メガバス×河辺裕和」…今後の動向がますます気になります!

動画はコチラからもチェック!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。