ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ登場!】全長75mmで1/4オンス!釣果続々、メガバスの超実戦型小型ミノー「X-NANAHAN」「X-NANAHAN+1」

待ってた人も多いんじゃないでしょうか。

生まれたときから傑作候補。サトシンこと佐藤信治と伊東由樹の融合。

X-NANAHAN、X-NANAHAN+1、いよいよ登場。

 

X-NANAHAN/X-NANAHAN+1

X-NANAHAN

Length:75mm Weight:1/4oz. Type:Slow Floating Depth : Max 1.8m Hook : #8 x 2 Price:メーカー希望小売価格1,600 円 (税別)

X-NANAHAN+1

Length:75mm Weight:1/4oz. Type:Slow Floating Depth : Max 2.4m Hook : #8 x 2 Price:メーカー希望小売価格1,600 円 (税別)

メガバス公式「X-NANAHAN」「X-NANAHAN+1」詳細ページ

 

まずは動画をチェック

出典:YouTube「Megabass Channel」

出典:YouTube「Megabass Channel」

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

ただ巻き、ジャークなんでもござれ。使い手次第で様々なアクションに対応。佐藤さん自身初めて訪れたという津風呂湖での実釣解説動画にも注目。

 

佐藤信治の理想とルアーデザイナー伊東由樹のエンジニアリングが融合

開発のキッカケ

もともと琵琶湖をホームにしていた佐藤信治氏は、ジャークベイトといえば「ワンテン」など比較的大きめのルアーがメイン。小さくても「X-80」で十分だったという。ところが関東エリアのトーナメントなどに出場して、シビアな条件を経験するようになると小型のミノーの必要性を感じるように。

「よく飛ぶ小型のミノーがほしい」

その言葉が開発のキッカケだったそうな。

 

追い求めたキャスタビリティ

飛距離を出すには内部容積を確保する必要がある。単純に言えば、容積が大きいとその分ウエイトを乗せられる。つまり飛ぶ。

そこで、高体積のスクエアブロックからカービングし、高体積とタイトシルエットを両立させたボディに。また、空気抵抗を徹底的に低減化することで70mmクラスのミノーでは最高レベルの飛距離となっているんだそう。

 

「X-NANAHAN/X-NANAHAN+」1カラーラインナップ

メガバスといえば、美しいカラーに定評あり。

「FA GHOST WAKASAGI」「FA SHIRAUO」の2色はファインアートフィニッシュ。※写真はX-NANAHAN

WAGIN OIKAWA

WAGIN HASU P1

WAGIN ITO AYU

LZ SATOSHIN CHIAYU

GG BABY PERCH

GG MEGABASS KINKURO

GLX WESTERN CLOWN II

KASUMI ITO

ITO MOROKO

SEXY MONROE

GP ITO-KINARI

MAT TIGER

FA GHOST WAKASAGI

FA SHIRAUO

 

カラー詳細はこちらで

「GG」「GP」「SF」「PM」…メガバスルアーのカラー名に付けられた頭文字の意味

 

バスだけじゃない!ターゲット続々拡大中

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinya Aramaki(@zatsuo408)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

小林 智徳(@kobayashi.tomonori)がシェアした投稿

早速クロダイにアマゴの釣果! もちろんシーバスやデカメバル、メッキなどなど…バス以外にも使用範囲はかなり広そうな予感。

今の時期はもちろん、低水温期の活躍も楽しみ! 持っておいて損はない?!ぜひ、ローテーションに加えてみてはいかがでしょうか!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。