ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

地元大江川・五三川から紀の川・合川ダムへ!バスを求めて東奔西走な日々!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!

相変わらず釣り三昧な日々を過ごして、あちこち走り回ってるイヨケンです。

 

まずは大江川・五三川へGO

さてさて、今回も撮影で地元は大江川、五三川を舞台に釣り歩いて来ました。

最近の大江川、五三川はアーリーサマーな状態で、ちょうどダラダラと続いてたスポーニングが終わり向い、やっと横方向の動きに強く反応してくるタイミングかな?といった感じです。

大江川はとくにボラの子でもある「イナッコ」が大量に入ってきてまして、スキップシャッド3.8inのノーシンカートゥイッチが抜群に効いてます!

カラーはラメの入ったカラーリングが強く、ベイビーバス、ワカサギフラッシュ、イナッコ、エメラルドフラッシュ、ブルーギルフラッシュなどが強いです!

キモは強すぎない柔らかいトゥイッチで、トップから水面直下30cmくらいがプロダクティブゾーンとしてキーとなります。

バスはしっかりボラの子に付いてるため、状況によってはチャグバグやスキッターウォークなどのペンシルベイトやペンシルポッパーがオススメです。フラッシュブースト搭載のワールドポップなどもチカチカとアピールができて、ハマる時は凄い効果があるので是非試してみてくださいね!

 

紀の川、合川ダムへも

さらに、最近マイブームの和歌山県は紀の川にも行ってました。

紀の川のオカッパリがまた楽しくて、紀の川はアフターな感じでオーバーハングやチョロブッシュに着いてる感じ。

そんなカバー際やカバー下に浮いてるアフターバスに対してもスキップシャッド4.8inのノーシンカートゥイッチ&フォールが抜群に効いてますので、紀の川に行かれる方々は是非トライしてみてくださいね。

さてさて、そんな紀の川から合川ダム移動して、YouTubeイヨケンフィッシングチャンネルの撮影に1dayだけ行ってきました。

減水の合川ダムでは前日の雨から濁りが入り、バスの動きに落ち着きがない感じ。

とりあえずは濁ってる事もあり、動きの大きなウイグルワートで探っていくと立木の絡む岬の先端でバイトを得られて、それからは岬周りを中心にチェックしていくとポロポロとサスペンドしてるバスが見え始めました。

最新作でもあるフィンズピーハイパートルネードウェイテッド4/0の1/8ozで組み合わせて、バンクからディープに落ちてくようなアクションの演出で次々にバイトに持ち込む事ができました。

 

フィンズピーは近年さまざまなメーカーから発売されてるシャッドテール型と違って、かなり弱波動の小型スイムベイトだから、違和感なくナチュラルに吸い込んでくれます!

是非こちらも色々なフィールドで試して頂くと、釣果に差が出てくると思いますので使って頂けたらと思います。

今週も来週も…走り回りな日が続きますが、皆さん宜しくお願いします。ではまた!