ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

剛性・耐久性に優れたコスパ◎のPEライン!ゴーセンの「DIVER(ダイバー) X」シリーズ

ゴーセンより登場しているオフショアゲーム用PEライン「DIVER(ダイバー) X」シリーズ。

先日、ブラックカラーの「ダイバーXブラック」を紹介しましたが、今回は5色パターンの8本撚りのDIVER X 8と4本撚りのDIVER X 4についてご紹介していきます。

「ダイバーXブラック」紹介記事はこちら

ブラックの渋いカラーリング!ステルス性・バランスに優れた船用PEライン!ゴーセンの「ダイバーXブラック」

独自の「SDF製法」&「SDE製法」!

この「DIVER(ダイバー) X」は「SDF製法」&「SDE製法」が採用されています。

「SDF製法」とは「ストロング・ダイナミック・フォー」の頭文字を示した製法で、4本組によるより強力な結束と耐摩耗構造に優れたラインになります。

つまり8本組の「SDE製法」の場合では「ストロング・ダイナミック・エイト」であり、こちらも結束と耐摩耗構造により、直線強力・平滑性に優れた性能となります。

レンジが分かる配色パターン!

配色に関してはDIVER X 8・DIVER X 4共通となります。

棚取りに最適な10m毎の認識しやすい配色パターンと1m(白)、5m(黒)でのピッチマークを採用しています。

細かくピッチマークが施されているので、1m単位でレンジ操作が可能です。

コストパフォーマンスに優れたバランス設計!

ラインは魚とアングラーをつなぐ重要なアイテム。

特にオフショアの場合、深場から魚を引き上げなければならないためラインの放出量も多く、ラインへのダメージや負荷もかかりやすくなります。

そのため定期的な巻き直しは不可欠で、選ぶ際にはコストパフォーマンスも重要視されます。

その点、この「ダイバーX」シリーズでは剛性・耐摩耗に優れながら、価格帯も手ごろと非常に魅力的なアイテムとなっています!

ダイバーXシリーズのスペック

DIVER X 4

100m連結タイプ

号数 (ポンド) 最大強力
0.8号(14lb) 6.5kg
1号(17lb) 7.9kg
1.5号(23lb) 10.6kg
2号(31lb) 14.0kg
2.5号(35lb) 16.0kg
3号(40lb) 18.0kg
4号(46lb) 20.9kg
ブリスターパック
長さ 号数 (ポンド) 最大強力
150m 1号(17lb) 7.9kg
150m 1.5号(23lb) 10.6kg
150m 2号(31lb) 14.0kg
150m 2.5号(35lb) 16.0kg
150m 3号(40lb) 18.0kg
200m 2号(31lb) 14.0kg
200m 2.5号(35lb) 16.0kg
200m 3号(40lb) 18.0kg
200m 4号(46lb) 20.9kg
300m 2号(31lb) 14.0kg
300m 2.5号(35lb) 16.0kg
300m 3号(40lb) 18.0kg
300m 4号(46lb) 20.9kg
400m 3号(40lb) 18.0kg
400m 4号(46lb) 20.9kg

DIVER X 4詳細ページはこちら

DIVER X 8

100m連結タイプ

号数 (ポンド) 最大強力
0.6号 (14lb) 6.4kg
0.8号(16lb) 7.3kg
1号(20lb) 9.1kg
1.2号 (25lb) 11.4kg
1.5 号(30lb) 14kg
2号 (35lb) 15.9kg
2.5号 (40lb) 18.2kg
3号 (45lb) 20.4kg
4 号(55lb) 25kg
5号 (65lb) 29.5kg
6号 (75lb) 34kg
8号 (95lb) 43kg
10号 (105lb) 48kg
12 号(125lb) 57kg
15 号(170lb) 77kg
20 号(195lb) 89kg
30 号(260lb) 118kg
ブリスターパック
長さ 号数 (ポンド) 最大強力
200m 5 号(65lb) 29.5kg
200m 6 号 (75lb) 34kg
300m 5 号(65lb) 29.5kg
300m 6 号(75lb) 34kg
300m 8 号 (95lb) 43kg
400m 5 号(65lb) 29.5kg
400m 6 号(75lb) 34kg

DIVER X 8詳細ページはこちら

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。