ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ゲーリー・3.75”ヤマフロッグ】色んな使い方ができるワーム素材フロッグを紹介

そろそろ表層フロッグゲームが楽しめる季節になってきましたね!
で、今回はフロッグちょっと趣向を変えて、ワーム素材のフロッグ系アイテムをご紹介!

 

3.75”YAMAFROG (3.75”ヤマフロッグ)【ゲーリーインターナショナル】

ゲーリー「3.75”ヤマフロッグ」は、その名の通り、カエルをモチーフにしたワーム素材のフロッグ。

サイズは3.75inで、ウエイトは約17.7g!

ノンソルティながら、けっこう重量があるので、ノーシンカーでもベイトタックルで楽にキャストができまます。

サイズ ウエイト 数量 カラー 参考価格
3.75in 17.7g 5本入 5色 1400円

ゲーリーインターナショナル公式「3.75”ヤマフロッグ」詳細ページはこちら

ヤマフロッグの特長をピックアップ

ボディは回転しないように考慮された扁平デザイン

リトリーブ中に安定した姿勢を保つことのできるよう扁平なボディ設計になっています。

アピール力がデカい厚みを持たせたテール

カバーの上でも十分にアピールできる厚みを持たせたテールも特長の1つ。

ちなみにテール半ばのあたりが部分的にあえて薄くなっていて、バタバタとより強い波動を生み、カバーの下にいるバスにアピール。

また、バイトの時はテールがコンパクトにたたまれて、カバーゲームのフッキングの悪さをフォロー。さらに、スリットを搭載、やわらかい素材を使用することによってフッキング率が向上。

出典:YouTubeチャンネル「GaryInternational」

 

素材はノンソルティー

ボディ素材はノンソルティーで、浮力があり、また強度があって、ワームズレしにくくなっています!
なお単体では浮くんだけど、オフセットフックをセットするとスローに沈んでいくという比重になっています!

 

ヤマフロッグの使い方

フロッグ的な使い方や水面バジング」、さらには少し沈ませて引くことも可能

主な使い方ですが、フロッグ的な使い方に加え、マットカバーやアシ周りなどを音をたてながらバジングさせるカバーゲームはもちろん、少し沈ませて水面直下を引くなども効果的!

また、マットカバーのポケットでステイ、からのフォールなど様々な使い方ができます。

ちなみに、フックサイズは「スゴイフック」の#4/0、#5/0がベスト!

 

表層だけでなく水中でも艶めかしいアクションを演出

もう1つの使い方として3.75”ヤマフロッグはジグへッドやジグトレーラー、テキサスリグなどで使用すれば、表層だけでなく水中でも威力を発揮!

水中でもテールが大きく動きながらフォール、遠くに居るバスにも気付かせることができます。シンカーウエイトは1/4oz以上を使うとテールの性能を最大限に発揮させることが可能。

また、ギルの多いフィールドでは横向きにセットすればギルパターンに対応、活躍するそうですよ!

出典:YouTubeチャンネル「GaryInternational」

 

カラーラインナップ

カラーは全部で5色! 全カラーがラミネートカラーとなっております。

出典:ゲーリーインターナショナル公式「3.75”ヤマフロッグ」詳細ページ

 

関連動画も是非チェック!

出典:YouTubeチャンネル「GaryInternational」

 

【ゲーリーヤマモト】ヤマフロッグ 水中アクション映像

 

 

ゲーリーヤマモトの「3.75”ヤマフロッグ」を試してみてはいかがでしょうか?

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。