ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ全貌公開】ヤマシタ エギ王シリーズに搭載されるNEWテクノロジー「ネオンブライト」の真実に迫る

NEON BRIGHT(ネオン ブライト)

ご存知、ヤマシタのエギ王シリーズに「ネオンブライト」というカラー(光)に関わるNEWテクノロジーを搭載したシリーズが登場。

とは、前回までにお伝えしている通り。

いよいよ、ついに、やっと、全貌が公開! 前置きはこの辺にして…さっそく伏線を回収していきます。

 

エギ王 LIVE ネオンブライト

3種の異なる波長を持った次世代の紫外線発光アピール

…それが「ネオンブライトって何なのか」の最終的、ズバリな答え。

紫外線発光。 聞いたことありますよね?ヤマシタでお馴染み、今や様々な釣りのシーンで欠かせない…そう、ケイムラ。つまり、ケイムラのように紫外線を受けて発光する。加えて「3種の異なる波長を持った」というのは、レッド・グリーン・ブルーの3色に発光するということ。

紫外線が当たっていない状態では、一見するとクリアボディ。これに紫外線が当たると…このとおり。

 

紫外線を受けて3色それぞれに光るボディを持ったエギ

まとめると、今までケイムラの青色一色だった紫外線発光アピールに、赤・緑の紫外線発光カラーが加わったということ。

ヤマシタ公式「エギ王 LIVE ネオンブライト」詳細ページはこちら

ヤマシタ公式「テクノロジーページ」詳細ページはこちら

 

エギのタイプは「エギ王 LIVE」

ネオンブライトが搭載されるエギは、キレのあるダートが特長の「エギ王 LIVE」。

キレのあるダート=前方への移動を抑制できる。つまり、じっくりイカに見せられる。次世代の紫外線発光アピールを体感するには、うってつけのエギと言えそうな。

紫外線によってボディが3色それぞれに光る「エギ王 LIVE」。

結論から言えばそうなんですが、長年生態学の見地からも研究を重ねてきたヤマシタ。この3色にも意味がありそうです。

 

レッド、ブルー、グリーンの3色の意味

エギングはカラーにこだわる釣り。

それは、アオリイカの視力にも起因しているところ。一般にアオリイカの視力は「0.63」とも言われ、もちろん魚類よりも視力がが良い。場合によっては20~30m先のエギまで見えているという。

加えて、潮色や光量など海のシチュエーションによって見え方は変わる

ケイムラを例に挙げると、快晴・晴時々曇りの天気、太陽光が絡む時間帯、透明度が高い 潮色といった条件での効果に期待。

ケイムラ同様、紫外線で発光するネオンブライト。より様々な海のシチュエーションに合わせて、効果的に戦略的に、ローテーションできるようになったというのが、ネオンブライトの最大のメリットであると言えそうです。

 

川上英佑氏によるカラーごとの使い分け解説

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

HPでの情報解禁に合わせて、こんな動画も配信。

しかし、良いイカ釣るよなぁ…じゃない、エギングマイスター川上英佑氏による具体的なカラーの使い分けに注目。

 

レッド

いわく、太陽が赤くなるタイミング、朝マヅメや夕マヅメに効果的なのが「レッド」。

 

グリーン

続いて、「グリーン」は濁りが入っている状況や、湾奥で緑色に澄んでいる状況、ボトムの色が緑に近いそんなときに効果的。

 

ブルー

澄み潮や、曇りで紫外線量が弱いタイミングで効果的なのが、少しの紫外線で強く発光する「ネオブラブルー」とのこと。

 

川上さんいわく、状況に合わせてネオブラの発光色を合わせていくカラーローテーションと同じように光量に光をなじませていく、そんな使い方が可能になったんだそうな。

 

1 / 2
次へ