ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水面爆発系】メガバス石田圭吾のフロッグでナマズゲームのススメ

寄稿:石田 圭吾

餃子に鰻、みんな大好きさわやかハンバーグ県のダーさんこと石田圭吾です!

LureNewsRにはご無沙汰な登場。さて、今回はMonster KissとMegabassによるジョイントワークスのBATRA-Xを用いたナマズゲームにスポットを当ててご紹介致します。

石田 圭吾(Ishida Keigo) プロフィール

生まれも育ちもメガバスのお膝元、静岡県浜松市出身な生粋のメガバシスト!バス、ナマズ、時々ソルトと旬な釣りを楽しむ『マルチアングラー』 好きなアーティストはケツメイシ、最近はNiziUにどハマり中。

 

静岡エリアのナマズ事情

僕のメインフィールド静岡県西部地域は、天竜川などの一級河川から成り立つ支流がいくつもあり、水源にとても恵まれています。

その為、日本一ナマズの魚影が濃いと他メーカーのプロも口を揃えて言うほど!

僕自身はサイトフィッシングで狙う事が多く、この感覚で関東圏に取材で訪れた際、環境の違いに洗礼を受けて帰って来た事がトラウマになっています(笑)。

 

ナマズゲームもおもしろさ

ご存知の通りとても素直な魚で、トップウォータールアーだけで成立させられるのが1番の魅力!

しかし、ただ単にトップならなんでもOKではなく、やり込んでいるからこそわかるゲーム性の高さはバスフィッシングに近いものがあります。ラトルや波動、フラッシングにアプローチコースなどなど、様々な狙い方でどれだけミスバイト無くフックアップさせるかが醍醐味ですね!

 

「BATRA-X」ナマズゲームのメリットやシーン別の使い分け

さてここからが本題!

BATRA-Xをジャンル別に一言で表すと「フロッグ」。

これまでにも、バス用にラインナップされているフロッグを改造してナマズに使うシーンは多々ありまして。僕はナマズゲームでフロッグは有効だと考えています。

 

ナマズゲームでフロッグを使う理由

ベジテーションエリアで活躍するルアーな為、メリットとしてスナッグレス性能かと思われますが、ナマズゲームに必要な要素として実は着水音。

中空のソフトボディの着水音はインジェクションルアーより遥かに抑えることができ、音に敏感なナマズ(特にメジャーフィールド)はサイレントタイプが効果的だったりします。

僕の通ってるフィールドはプレッシャーが高いことから音を嫌う個体が多く、よりリアルなベイトを欲していているように感じます(本物のカエルば「ガチャガチャシャラシャラ」金属やラトル音はしない)。

…とはいえ、田植えが始まった今時期は「代掻き」で水質はご覧の通りまっ茶色。

これくらい濁りが入った場合、落ち込みのピンスポットにバトラクスを送り込まないと気付かれないケースも…視界が極端に悪くなるので、アピール力の高いインジェクションルアーの方に分があります。

もちろん、ナマズにルアーの存在を気付かれないと始まらないので、その日の水質によってルアーをローテーションする必要はあります。

 

釣果UPのコツ

ナマズゲームにおいてマストと言えるチューニング。僕もBATRA-Xに施していますが、1番のオススメはソフトカップ&タコベイト!

ナマズのバイトは特長的で、ルアーの背後を追尾した後にヒゲで確認しながらバイトする習性があります。真上を通った瞬間はバスのような食い上げも見せますが、多くはルアーとの距離がありチューニングを施していない場合、メインフックまで到達しません。タコベイトのようにフックも隠しつつ、吸い込みやすいタイプのチューニングを施すことで、フックアップの確率をグンっと上げてくれます!

タコベイトはフッキング率を上げる為のチューニングですが、バイト率を格段に上げるのが純正装備されているランブルテール!

これ…集魚効果が物凄いんです…。強いて言うなら、ブレードタイプのハイパワーバージョンといった所ですね。金属の薄いブレードより回転ピッチこそ劣りますが、ランブルテールの波動の強さはナマズが見つけやすく、チェイスした場合8割以上の確率でバイトしてきます。

リトリーブでの使用がほとんどなので、ミスバイトはそれなりに多いですが本能を掻き立てるようです!

もうひとつ。釣果アップのコツとしては、ナマズは何回もバイトしてくるので焦らずロッドに重みがのるまで我慢すること! 派手なバイトにびっくりしますが…ここは焦らずじっくり我慢です。

 

タックルについて

メインはバス用のHクラスにPE4号の組み合わせという、一般的なフロッグタックルを使う事が多いです。

暴力的なファイトも楽しめますし、ランディングからネットインまでスムーズ。ですが、あまりにも掛かりが浅かったり、弾いてしまう場合は『フロッグなのに』グラスロッドが使えます!

写真上がグラスロッドのDESTROYER-TOMAHAWK F4-71T、写真下がフロッグ用のLEVANTE F7-72LV

ナマズ用にチューニングしたBATRA-Xなら、メインのダブルフック前提では無くなるので、ソフト素材のルアーと思って頂ければお手持ちのMクラスのロッドでも無問題!

 

専用タックルを必要とせず、マイチューンのバトラクスで楽しめるナマズゲームは今年もシーズンインしたばかり。

春夏だけの風物詩では無く、お手軽且つエキサイティングに秋まで楽しめます!ガチンコで狙うと見えてくるゲーム性に是非魅了されて下さいッ!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。