ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショアもオフショアも活躍】アシストがワイヤー仕様のサワラ&サゴシ対策ジグ!ハヤブサ「ジャックアイマキマキサゴシスペシャル」

ショアでもオフショアでもルアーマンを楽しませてくれる魚種「サワラ」。

ただ、歯が鋭いのでアシストに傷が入って傷んでしまったり、時には切れてしまうことも。メインターゲットにしているなら色々対策をしていくと思いますが、青物を狙っていてサワラが多いと中々厄介ですよね。

さて、そんな歯の鋭い魚種が多い状況下で持っていると重宝するメタルジグが、ハヤブサの「ジャックアイシリーズ」からつい最近登場しました。

 

ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル【ハヤブサ】

2021年5月登場

ジャックアイシリーズに新モデルが登場、「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」。

歯の鋭いサワラやサゴシが多い状況下で使うと非常に活躍するメタルジグで、専用ジグというよりは「サワラ・サゴシ対策」用ジグ。

ルアー性能自体は「ジャックアイ マキマキ」を継承しているので、これまで通りブリやメジロといった青物をシッカリ狙うことができます。

モチロン、サワラをターゲットとしたサワラキャスティングゲームにもオススメ! ナブラの際はモチロン、ナブラ後でも任意のレンジを攻めることができるので、バイトを継続させることができます。

重さ(g) カラー 税込価格
30、40 4色 30g(¥968)40g(¥1012)

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」詳細ページはこちら

 

サワラの鋭い歯に耐える! ワイヤーアシスト仕様

サワラ・サゴシ対策用ジグということで、フロントアシストがワイヤー仕様になっています。

 

歯の鋭いサワラに切られる心配は無用。強度の高いワイヤーを使っているので、サワラやサゴシにタチウオはモチロン、強烈な引きの大型青物が掛かっても安心してやり取りを行えます。

 

ショアジギング&サワラキャスティングゲームの使い方が気になる方はこちら!

ハヤブサスタッフの「橋本 翔大」さんがショアジギングとサワラキャスティングゲームで「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」のアクション方法を詳しく解説した記事も公開されていますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

裏技テク「アンダージャーク」に必見!ハヤブサの新作ジグ「ジャックアイマキマキサゴシスペシャル」でショアジギングを大満喫

【新潟ボートでサワラ大爆釣劇】アンダージャークの操作方法も遂に公開!橋本翔大が「サワラキャスティングゲーム」を大満喫

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

カラーバリエーション

カラーは全4色展開。サゴシ・サワラに合わせた特別なカラーラインナップとなっています。記者個人的には、タチウオにも効きそうなゼブラカラーが気になります。

 

ケイムラブルーイワシ

 

ブルピン青夜光ゼブラ

 

アカキン緑夜光ゼブラ

 

ケイムラピンクキャンディ

 

サワラやサゴシが多いフィールドで気になる方はぜひ、「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」を試してみてくださいね!

 

解説動画もぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「HAYABUSA公式」

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。