ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

羽根モノルアーのチューンを公開【ザックロールヤジロベエほか】

寄稿:中西良一

中西 良一(Ryoichi Nakanishi ) プロフィール

高校生時代にハンドメイドルアーの魅力に取りつかれて以降、現在にいたるまで、独自の感性でモノ作りを続ける生粋のルアーデザイナー(現アダスタのルアーデザイナー)。奈良県出身、在住。1978年生まれ

ADUSTAのルアーデザイナー中西です。
今回は、アダスタの羽根モノ「ザックロール・ヤジロベエ」について今まで、あまり明かしてこなかった、チューンについてお伝えできればと思います。

アダスタ公式ヤジロベエ詳細ページはこちら

PRODUCT Length Weight TYPE 定価
ZACRAWL YAJIROBEE 90mm 42g Top Water 2,750円 (税込)

実はザックロール・ヤジロベエでは、色んなチューンができるようになっていますので、いくつか、具体的にご紹介してみます!

ご紹介するチューンはこの6つ

 

ウイング交換チューン

ザックロールYAJIROBEEのスペアウイング

まず、基本チューンから!

ヤジロベエではウイングが破損した時に交換ができるよう、純正ウイングを用意しています。

ザックロールヤジロベエ・オリジナルのアルミ製スペアウィング。
定価 : 880円 (税込)

誰でも簡単にウイング交換できるので下記のYOUTUBE動画を参考に取り替えてくださいね。

ZACRAWL YB 『YB スペアウイング』 取扱説明動画

 

出典:YouTubeチャンネル「 ADUSTA fishing tackle」

 

ステンレス・チューニングウイング

ザックロール・ヤジロベエ用の交換チューンウイングとして、高強度ステンレス素材で制作したウイングを用意しています。

ヤジロベエ・カスタムウィング-ST(ステンレス)
定価 : 880円 (税込)

これに変更することで、アクションレスポンスをさらに向上させ、金属接触音によるサウンド効果もプラスされます。よりノイジーに、よりピンスポットで攻めきりたい時にオススメなので、気になる方はぜひ一度試してみてください。

なお純正ウイングからの変更点は、見た目の通りウイングの高さを薄く、長さも短くしています。また、高強度ステンレス素材にすることでウイングも薄くなり比重も重くなるため着水後ウイングが完全に開ききるスピードが早くアクションの立ち上がりが良いのも特長となっています。

ZACRAWL YB カスタムパーツ【YBカスタムウイング-ST】Action PV

出典:YouTubeチャンネル「 ADUSTA fishing tackle」

 

フォースミックス純正ウイング

実はザックロール・ヤジロベエにはフォースミックスの純正ウイングも装着できます。

FM SPARE WING(フォースミックス・スペアウィング)
定価 : 880円 (税込)

素材は同じで重量もほぼ同じのためウエイトバランスもほぼ同じ。ウイング形状がやや変わるため、リトリーブ時の音の質が少し変わります。

このあたりは好みと実績が大きく影響する部分だと思うので皆さんの好みで一度変更して見られるのも一興かと思います。

YAJIROBEEにフォースミックスのウイングを装着

 

 

ザックロールYAJIROBEE Jr. 純正ウイング

ザックロール・ヤジロベエにはザックロールYAJIROBEE Jr.のウイングも装着可能です。
形状はステンレスチューニングウイングに近く、アクションピッチ・ロール・ウォブリング幅がやや細かくなります。素材は高強度アルミなので金属接触音が控えめのセッティング出すことができます。

YAJIROBEEオリジナルサイズのボディにJrのウイングを装着

 

フェザーフックチューン

リアフックをフェザーフックチューニングすることでフックの体積を増やし、バスなどの吸い込み系バイトのフッキング率を向上させることができます。

フェザー(鳥の毛)は古来、漁師さんでも信頼する集魚・捕獲効果がある天然素材です。アクションするたびに柔らかくなびき追従する動きは、ターゲットを違和感なくバイトへ導きます。

フックをフェザーチューン。フックを隠しなめらかな誘いを演出するとともに深いバイトにも貢献する

素材は通常のコックネックフェザーやラビットファー・マラブーなど素材ごとに違う効果が得られるので是非実際に装着して独自のチューニングを出してみてください。
サイズは前後4番ほどで調整されると扱いやすいかと思います。

特にマラブーなど浮力を保ちやすい素材を使用される場合は、フェザーに十分水を馴染ませてから使用しないとフェザーの浮力のせいでルアーのウエイトバランスに影響を及ぼしアクションが出にくくなる場合もありますのでご注意ください。

 

裏チューン】ハートブラスターのボディに・・・

これはかなり裏チューンなんですが、同じザックロールシリーズでリリースしているハートブラスターのフロントウイングを取ってしまって、YAJIROBEEのウイングを通常位置に装着すれば、水平浮きのYAJIROBEEを生み出せるんです。

ウエイトはリアのペラを残した状態で34g、ペラを外せば32gと約10gマイナス。またウエイトバランスが大きく変わることでウイングが発する音も変化し、より金属接触音が際立つようになります。ハートブラスターのボディにはもともと小さなラトルウエイトが入っているのでカラカラ音もプラスされよりノイジーな羽根物に仕上がります。

共有規格でウイングやボディを制作しているからこそ出来る裏技チューニング

更に、ハートブラスターボディにYAJIROBEEのステンレスチューニングウイングを組み合わせるとより金属音を際立たせた羽根物に仕上げることができるという具合。
もちろんザックロールSCのリップを取ってボディを使用することも・・・
ここから先は皆さんご自身で検証してみてください。

以上、ヤジロベエのチューンや裏チューンについてご紹介してみました。

アダスタでは共有規格でウイングやボディを制作しているからこそ出来るチューニングが色々あります。

ボディとウイングの組み合わせは非常に多くのバリエーションを生み出し、自身オリジナルのYAJIROBEEや独自の羽根モノを作り上げることもできます。ぜひ独自のチューニングで自分だけの釣果をぜひとも楽しんでみてください。

アダスタ(ADUSTA)

神戸を拠点に独特な世界観を持つルアーを続々と発表しているルアーブランド! 圧倒的な造形美で日本だけでなく、世界各国で多くのファンを抱える。 ADUSTAブランドコンセプト Authentic Designed & Universal Standard Tackle for Anglers 此の上無い意匠と、全ての人々が使えるタックルを世界中のアングラーへ。 --------------------------------- A:Authentic 本物の、D:Designed 意匠、U:Universal 万人、S:Standard 基準の、T:Tackle 釣具、A:Anglers 釣人へ