ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【食いついたら離さない】エギとエサの融合。ヤマシタ「エギーノもぐもぐサーチ」でイカ釣りをカンタンに

専用のタックルがいらない、難しいテクニックもいらない。

それでいて、釣って楽しい、食べておいしいイカが狙える。

梅雨の晴れ間に、エギーノもぐもぐサーチ」はイカがでしょうか。

 

エギーノもぐもぐサーチ

ヤマシタのエギというか仕掛けというか。エギとエサが融合した「エギーノもぐもぐサーチ」。

ヤマシタ公式「エギーノもぐもぐサーチ」詳細ページはこちら

 

イカ釣りをカンタンに!

専用タックルで軽快にエギを動かし、イカを釣り上げる…難しそうなイメージのイカ釣りをもっとカンタンにしよう!と生まれたのが「エギーノもぐもぐサーチ」。

要は、エギの動きや音でイカを寄せ、エサの力で食いつかせる。いわば、エギとエサのいいとこ取り。専用のタックルの必要はなく、お手持ちのちょい投げ竿なんかでOKとのこと。

 

使い方もカンタン

①:エサの付け方

釣り場に付いて、タックルをセット。まずは、エサ(キビナゴが最適!)をセットしていきます。

「エサッとシステム」というバンドで、順番にエサを固定していくだけの簡単システム。ちなみに忘れたりした場合は輪ゴムでも可。

 

②:釣り方

基本はエサをセットしたら、まずは底まで沈める。少し待って竿を振り上げる、そしてまた底まで沈める。…の繰り返し。

アタリがあったら…勝手に掛かるみたい。エサが付いているので、一度食いついたらなかなか離さない。つまりそのまま次の動作、竿を振り上げると勝手に掛かるようです。

ズンッと掛かったら慌てず一定の速度で巻き上げるのみ。ほら、カンタン。

 

どんな場所で、どんなイカが釣れるのか

障害物など変化のある所が狙い所

比較的、身近に潜んでいるイカ。狙い所は障害物など何かしら変化のあるところ。

 

こんなイカの実績あり

ヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカのいわゆるツツイカ系のイカはどちらかというと夜間に釣れるイカ。夕涼みがてら、狙いに行くのもアリですよね。

 

スペック・カラーラインナップ

サイズ:3.2号 重量:20g 沈下スピード:約2.8秒/m※キビナゴ装着時

001 490グロー

002 グローマンゴー

003 ケイムラピンク

004 ケイムラブルー

005 ケイムラキビナゴ

006 ケイムラレッド

 

関連動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

出典:YouTube「YAMASHITA Maria」

 

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。