ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オシャレ×軽い】これからの季節に!ZEQUE by ZEAL OPTICSの「Juno」購入レポート

先日、SALOOへ行ってきた!とお伝えしたんですが、その目的…実は買い物でした。

ZEQUE by ZEAL OPTICSのショールーム「SALOO by Zeque」に訪問。釣り人がホッとできる隠れ家的空間

これから日差しがギラギラ眩しくなるタイミングで、釣りに運転にちょっと良いのがほしいなぁと。で、実際に使っている人からめちゃ良いよ~と聞く「ZEQUE by ZEAL OPTICS」の偏光グラスに目を着けた次第。

 

購入したのは「Juno」

悩んだ末に購入したのは、ボストン系がオシャレな「Juno」。

フレームカラーは落ち着いた印象のブラウンデミ。レンズカラーはスタッフさんに相談して汎用性のあるTRUEVIEW SPORTSをミラー無しのモノに変更してもらいました。

ZEQUE by ZEAL OPTICS公式「Juno」詳細ページはこちら

 

オシャレさ+実用性を考慮

水中がよく見える、ギラツキを抑えてくれる、それはお墨付きであることからあえて気にせず。今回は普段使いできるオシャレさに加え、見えること以外の実用性が購入の決め手に。

デスクワークが中心のためか、とにかく肩コリ・眼精疲労がひどい記者。偏光レンズって、ひとたび釣りに行くと釣り竿より長い時間身に着けているわけで、加えて普段車を運転するときなどちょこちょこ掛けることを考えると、軽いモノが個人的にマスト。そこで、軽さが特長の「Juno」。

その自重24g。実際、掛けるとホント軽いです。あえて言うなら、ほんとに大丈夫か?と思うレベルの軽さ。恐れ入りました。

 

炎天下のライギョゲームや、波を被りながらのヒラスズキ・ジギングなど、穴あき仕様で弾力性のあるノーズパッドがズレを抑制してくれるんじゃないかと期待。

 

ちなみに、HPを覗くと小顔な方にも…とありますが、決して小顔ではない記者が掛けてもキツい…なんてことは決してありません。付属のケースも折りたたみ可能でスマート、スタイリッシュ。

 

どれくらい見えるのか

世の中がこんな状況なので、まだ実釣では使えていませんが、べランダの水鉢を覗くとこんな感じ。

写真ゆえ伝わりづらいのが心苦しいのですが…反射がかなり抑えられています。

 

Juno

FRAME :Nylon & β-Titanium
LENS :TALEX CR-39 Polarized / 6Curve
SIZE :47□22-140(49×41)

 

COLOR LINEUP
Juno F-1840の写真

FRAME :MATTE BLACK LENS :TRUEVIEW SPORTS

Juno F-1841の写真

FRAME :MATTE BLACK LENS :LUSTER ORANGE / SILVER MIRROR

Juno F-1842の写真

FRAME :FROST GRAY LENS :MASTER BLUE

Juno F-1843の写真

FRAME :FROST GRAY LENS :TRUEVIEW SPORTS / BLUE MIRROR

Juno F-1844の写真

FRAME :BROWN DEMI LENS :LITE SPORTS

Juno F-1845の写真

FRAME :BROWN DEMI LENS :TRUEVIEW SPORTS / SILVER MIRROR

Juno F-1846の写真

FRAME :CLEAR OLIVE LENS :TRUEVIEW

Juno F-1847の写真

FRAME :CLEAR OLIVE LENS :EASE GREEN / BLUE MIRROR

 

これから、釣りに街に…いろいろ連れ歩きたいと思います。

ZEQUE by ZEAL OPTICS(ゼクー バイ ジールオプティクス)

1996年にアイウェア専門ブランドとしてZEAL OPTICS(ジールオプティクス)が創立。特に光学性能・軽量性・フィット感など高い水準が求められたフィッシングシーンにおいて、それらの要求に応えるべく日本国内で偏光サングラスの開発をスタート。 現在では多くのプロフェッショナルアングラーに支持され「身に着けるアイウェア」として高く評価されている。また、海外進出を視野にZEAL OPTICS(ジールオプティクス)からZeque(ゼクー)へブランド名が刷新されている。