ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ほらほーでぇ久次米のアフター攻略3パターンは使い方がキモ【スタッガーワイド/コイケ/スタッガースティック】

寄稿:久次米 良信

先月に引き続き掲載させて頂きます、ほらほーでぇ久次米です。

5月も中旬になると、スポーニングを終える魚からアフター系の魚など色んな魚が混在するシーズンです。

今回はそんな気難しい?!シーズンに活躍する3つのパターンをご紹介させていただきます。

久次米 良信(Kujime Yoshinobu) プロフィール

ニックネーム:ほらほーでぇ JBプロ所属 現役トーナメンターで仕事上プラ無し本番ぶっつけスタイル。 公式戦でも表彰台多数で、巻きの釣りからカバー撃ち、ライトリグまで幅広くこなすオールラウンダー。 「ソルトクランク」の第一人者でもある。1979年7月生まれ 徳島県在住

 

その1:スタッガーワイド4インチのバックスライドセッティング

まずはじめにご紹介させて頂くのが、アフター系に強いバックスライド仕様のルアー。

なんですが、個人的には実績があるものの、あまり使っているとは聞かないフラットボディーのバックスライドをご紹介。

そのフラットボディのワームとはスタッガーワイド4インチ

 

自分で簡単に水中映像を撮影してみました。

1人で撮影しているのと、水深が浅すぎて完璧には撮影できてませんが…ある程度この映像でイメージできるかなと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

セッティング方法

スタッガーワイドにはへん平部分に丸い穴があります。テールの方から数えて5番目から、写真の様にフックを刺していきます。

そして、くるっと返してそのままセッティング。

そして最後にネイルシンカー1.3gを入れれば、バックスライド仕様に。

 

スタッガーワイドのバックスライドセッティングは何が良いのか

通常のバックスライドのルアーと異なる点は、そもそもフラットボディのバックスライドワームが少ない。

そして、スライド幅も大きくユラユラとS字を描きながらフォールしてくれるということ。

これからのアフター時期に効きだしますが、私がシェードを意識する秋まで使い続ける秘策のリグの1つです。

使うシチュエーションも非常に多く、アシ撃ち、オーバーハングなどのシェード全般、サイトでも使えたりもします。特にギル、フナ、タナゴなど扁平系のベイトが多いフィールドではかなり有効ではないかと。

この前も仕事終わりに小規模河川と小規模リザーバーで。

出典:YouTubeチャンネル「ほらほーでぇと叫びたい」

他ではあまり見ないこのバックスライド仕様、ぜひ試してみてください。サイズも出るので病みつきになりますよ。

 

タックルはこちら

ロッド:MACCA HUMC-71H/MACCA HUMC-610MH+

HUMC-71H

HUMC-610MH+

 

ライン:VARIVAS アブソルートMG16lb

フック:ノガレス フッキングマスターLIMITED EDITIONモンスタークラス5/0

 

1 / 3
次へ