ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

またもや2kgアップ。それを生んだすべてのタックルバランス

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

さて今週のイカ曜日は、前回に2640gと2850gを1日で2杯も釣り上げた余韻が残っていたので、潮のタイミングで絶対にまたデカイカが釣れるはずだと思い行ってきました。

春のホワイトモンスターを仕留めるには?

池内修次、2850gのホワイトモンスターをキャッチ

といっても4月の初め頃なので一ヶ月以上も前のことになりますが、デカイカ求めて夢を追いかけてきた時の様子をお伝えしますね。

デカイカ求めて…

当日は、朝一のタイミングでシャローエリアをチョイスしてランガンの旅に!

小さなワンドに夜のうちに入ってきているであろうアオリイカを釣る作戦だったのですが、居たのは小さめのアオリイカちゃんだけ。お父さんやお母さんはお留守だったみたいです(汗)。

ちなみに、釣れたエギとカラーは「DUEL ez-Qキャスト 喰わせラトル3.5号」で、カラーはケイムラグリーンイエローになります。

出典:デュエル公式EZ-Q キャスト喰わせラトル3.5号詳細ページ

風はキツくウネリも入っている中で、釣りができるエリアが限定されている中、同行者の仙波さんとポイント選択で四苦八苦。

そうこうしているうちに昼が過ぎ、夕マヅメポイントで悩んでいると、急に千羽さんが「◯☓△のポイントに行こう」と。

その場所を聞いてウネリが大丈夫かが心配でしたが、とりあえずポイントに行ってみることに…。

すると、大きなウネリはそれ程なくて釣りはできそうな感じだったので、夕方の夕マヅメはそのポイントで撃つことにしました。

たまにくる大きめのウネリに気を付けながらの釣行で、暗くなってウネリが見えなくなったら納竿にしようってことで話がまとまり実釣開始。

やはり、光量変化が一つのキーポイントになることはわかってはいましたが、その夕マヅメまでの時間が辛い(汗)。

ようやく夕マヅメ近くになり徐々に期待が膨らむ中、一向にアタリすらない状況に不安しかなかったのですが…。

ダートマスターのモンスタマスターカラーに懸ける

その時に使っていたDUEL ez-Qキャスト喰わせ3.5号が潮で沈みきっていないのではと思い、急遽DUEL ez-Q ダートマスター3.5号の夕マヅメの鉄板カラーでもある「モンスターマスター」をチョイス。

前回の2850gの時も私を導いてくれたDUEL ez-Q ダートマスターモンスターマスターカラーに懸けると…ナント一投目!

出典:デュエル公式EZ-Q ダートマスター詳細ページ

ティップにモタれるような重みを感じ渾身のフルフッキング。見事に決まり、ドラグを「ジージー」と出していく。

徐々に上がってきてネットインすると、その時はそれほど大きくは感じなかったのですが、体内の水を抜き検量してみると…なんと、この個体も2キロオーバー!

贅沢な話ですが、今年に入ってからキロアップが釣れていない。釣れてくるのはキロ以下か2キロオーバーか(汗)。

本当にシビれました。

すべてのタックルバランスが生んだ結果

やはり、私がコンセプトにしている今回の竿にピッタリなシチュエーションで釣れてくれています。

しかも、コンセプトにしている「ダート系のエギをしっかりと動かし、攻める釣り!」でありながら、パタパタ系のエギを優しく扱えてナチュラルを演出できることを可能にしてくれました。

ショートでありながらロングをもまかなえて、一日中アタリに集中できる驚異的な軽さとパワーと繊細さを併せ持った秘密兵器がほぼ完成系になってきました。

私のセッティングのバランスが一点に集中できてきたことが、「掛けたイカを全てバラさない」を可能にしてくれました。

エギのDUEL &YO-ZURI、PEラインとリーダーのHARDCORE、スナップの日本の部品屋、リールのDAIWA、ハンドルのLIVRE、そして竿のXESTA。

どのメーカーが抜けてもバランスは崩れます。

私の全てのバランスの集大成が今ここにあります。

全てのメーカー様に感謝したいと思います。「ありがとうございます」そして、「これからも、よろしくお願いいたします」

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド アサルトジェットタイプS75MMHプロト(ゼスタ)
リール 18イグジスト LT 2500S-C(ダイワ)、ハンドルWING92フィーノ+ノブ(リブレ)
ライン デュエルX8プロエギング0.6号、ハードコア アーマードF+ 0.6号(デュエル)
リーダー ハードコアエギングリーダー2.5号(デュエル)
スナップ エギ用ロウ付けスナップV型NO.1(日本の部品屋)
エギ EZ-Q キャスト喰わせラトル3.5号(デュエル)、アオリーQ LCスロー3.5号(ヨーヅリ)、レンズQ3.5号(デュエル)、EZ-Qダートマスター3.5号
ほか、ダイワゲームベスト、ストリームトレイル防水バッグ33L

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/