ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ラグゼから新しくスーパーライトジギング専用設計フックが登場!リア・フロント別々で設計された「アシストフック S.L.J. チューンド」

ラグゼから新しく登場するアシストフック「アシストフック S.L.J. チューンド」

ラグゼプロスタッフ中村豪氏の監修のスーパーライトジギング専用設計のフックです。

中村豪氏のノウハウから導き出された部材、寸法を採用し、ベストなフッキングをサポートするアシストフックとなっています。

また、フロント用は中芯フロロ・リア用はノットタイプとそれぞれに適したセッティングにすることでより確実性も増した性能になっています!

ラグゼ公式アシストフック S.L.J. チューンド詳細ページはこちら

タイプ F(フロント) 中芯フロロ

青物はじめサバやサワラ・サゴシなどはフロントからバイトしてくるため、そういったターゲットを狙う際に不可欠なフロントアシストフック。

しかし、ジグをシャクっていると、多くの方が経験するフックとボディの絡まる問題。

この問題を解消してくれるのが「アシストフック S.L.J. チューンドタイプ F」で採用されているアシストラインのフロロ中芯仕様。

通常、アシストラインの芯は抜くのですが、この「アシストフック S.L.J. チューンドタイプ F」では芯を抜いたあとにフロロカーボンのハリスを入れることで、ラインに張りを持たせています。

スペック

フック 寸法 PE 入数 希望本体価格(円)
4 5mm 10号 2組 600
2 7mm 15号 2組 600
1 9mm 15号 2組 600
1/0 11mm 15号 2組 600
2/0 12mm 20号 2組 600
3/0 17mm 20号 2組 600

タイプ R(リア) ノットタイプ

リアタイプは中空構造のノットタイプ。

ノットタイプのメリットはクセがつきにくく、素材も程よくしなやかで自由度が高いところがあります。

ジグのアクションを追いきれないような浅いバイトでも自由度が確保されていることで、フッキングに持ち込みやすいのが特徴です。

スペック

フック 寸法 PE 入数 希望本体価格(円)
4 5mm 10号 2組 600
2 7mm 15号 2組 600
1 9mm 15号 2組 600
1/0 11mm 15号 2組 600
2/0 12mm 20号 2組 600
3/0 17mm 20号 2組 600

タイプF・タイプRともにアシストライン480を採用

ちなみにアシストラインはラグゼの「アシストライン480」を採用しています。

この「アシストライン480」は水中で透過しやすいと言われる可視光線480nm付近にカラーチューニングを施したラインです。

ジグ本体と同じようにアシストラインもシルエットの一部としてターゲットにより強くアピールすることができるので、魚の反応距離を延ばすことが可能です。

タイプFでは中芯フロロが、タイプRではノットタイプがそれぞれ使用されています。

ラグゼ公式アシストライン480詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。