ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【再現性無しの琵琶湖のイマを釣るには】とにかく流すことがキモ?!たまらんばい永野オススメの春の2パターン

寄稿:永野 総一朗

こんにちは、琵琶湖ガイドのたまらんばい永野です。

いよいよ琵琶湖も春本番。…といっても今はちょうど気難しい春のタイミングで、口を使いにくいタイミングが続いております。

今回はそんな琵琶湖で釣っていく為のリグや使い方、考え方などをお伝えしていきます!

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

ポストスポーンの南湖を釣る

今の琵琶湖南湖、状態はポストスポーン。つまり、産卵真っ最中で通常のエサに口を使いにくい、というか捕食どころではない状態…よってバイトが出にくい状態になっています。

水の綺麗な西岸際をエレキで流していくと、ネストがチラホラと見えたりする状態。もちろんペアリングでフラフラしている雄雌も。

 

狙い所は沖

岸際がそんな状態の時、ボートで狙う沖のシチュエーションは、ズバリ2m以内のレンジの浅くて硬いハードボトム。でかいメスのみを狙うのであれば深い方を狙いますが、正直バイトはかなり遠く1日ワンチャンス?くらいの勢い。

よって実際にガイドで狙っているのは南から…

●人工島前 ●旧草津川河口 ●葉山川シャロー ●下物シャロー

など、東岸の2mレンジ。

周りより少し盛り上がっていて、硬い底質のハンプや台地。中でもハンプの上にフラットがあるような地形は、産卵を意識したバスをストックしやすく狙いのひとつです。

最近までは、そうしたハンプを一つ一つボートを止めて、テキサスやフリーリグ、ジグヘッドなどで丁寧に狙っていました。ちなみにこの釣り方でロクマルも出ていて永野総一朗のたまらんばいフィッシングTVにもUPしております。

出典:YouTubeチャンネル「 永野総一朗のたまらんばいフィッシングTV」

動画で出たロクマル(63cm)

というわけで、最近主流となっている2つのパターンは次のページで!

 

1 / 3
次へ