ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャックアイ】武庫川渡船×ハヤブサのオリカラが誕生!武庫一での実釣を重ね、辿り着いたこだわりのカラーはいかが?

寄稿:橋本 翔大

皆さん、こんにちは。ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

今回は、ついに発売になります『武庫川渡船×ジャックアイ』のオリジナルカラーについてご紹介させていただきます。

武庫川一文字で実釣を重ね、武庫川渡船スタッフ様と何度も打ち合わせを行い、試行錯誤を繰り返した末にたどり着いた、武庫一最強カラー!今作は2カラーを同時リリース!それぞれの特色を、くまなくご紹介させていただきます。

 

武庫一の水色、ヒットカラーの傾向、ベイトパターンを徹底的に調査したどり着いた答え!

今回登場する2カラーに共通するのは、かなり派手めのカラーだということ。

これは、武庫一での釣果を最優先して考えた結果のカラーです。

武庫一の水色は、他の海域と比べてもかなり濁っています。しかも都市部のベイエリアに位置づけられるため、なかなか濁りが取れることはなく、慢性的な濁りになっています。しかし、この濁りこそが武庫一がよく釣れる理由といっても過言ではありません。

 

とにかく見つけてもらうこと

この濁りの正体はプランクトンであり、プランクトンが多いとそれを捕食するアジやイワシが増え、またさらにそのアジやイワシを求めて青物が回遊するという、自然界の食物連鎖が引き起ります。そうなると必然的に青物の回遊も多くなり、ヒットする確率も上がります。

さらにこの「濁り」は、海中での視界を悪くするため、青物にルアーが見切られにくく、ショアジギングでも比較的釣りやすくなるという、まさにアングラーにとって良いことづくし。

話が少しそれてしまいましたが、なぜ2カラーに共通して派手めのカラーをチョイスしているのか。それは、とにかく海中で目立たせたかったから

「濁り」の中ではルアーが見切られにくくなるものの、ルアーを見失いやすいというデメリットもあります。回遊してくる青物を迎え撃つには、とにかくルアーを見つけてもらうことが最優先です。

もうひとつ共通するのが、「夜光(グロー)」です。塗装の仕様は異なるものの、どちらのカラーにも夜光の要素を持たせています。前述のような「濁り」の中でも、夜光は程よく目立ちます。ギラギラ光るというよりも、ぼんやり発光したぼやけたシルエットで誘うことができるので、警戒心を与えず、なおかつ「濁り」の中でもしっかりとアピールしてくれます。

 

マヅメ濁りスペシャル1号は、実績のミドキン系とグローゼブラの超攻撃的カラー!

まずはマヅメ濁り潮スペシャル1号からご紹介させていただきます。

このカラーは、武庫一にて実績の高いミドキンと、ゼブラグローを合体させた、超攻撃的カラーです。

ジャックアイシリーズの既存カラーで「ケイムラアカミドキン」というカラーが武庫一でかなり実績が高く、ジャックアイ以外のジグでも、武庫一でミドキン系は強いと定評がありました。

ミドキンはアジベイトやイワシベイトの時に効力を発揮するカラー。フラッシングよりもシルエットの濃さでアピールする色系統です。

そこにさらにゼブラグローをプラスし、夜光の要素を持たせることにより、夜明け前の薄暗いタイミングでもしっかりとアピールさせることが可能になりました。
カラー名の通り、朝・夕マヅメ時にぜひ使ってほしい一品に仕上がっています。

 

マヅメ濁りスペシャル2号はオールグローの全身発光!チャート系の色調も相まってサワラ・サゴシにも激効き!

続いて、マヅメ濁りスペシャル2号はオールグロー(全身夜光)を採用しています。

オールグローはチャートベースのボディカラーと相まって、白っぽく発光するため、薄暗い時間帯や濁りのあるエリアでも抜群の効力を発揮します。秋にはイカパターンとしてボトム付近の青物を狙う際にもオススメですし、もちろん日中でも実績は高いです。

チャートベースの派手な見た目とは裏腹に、かなりオールマイティに使えるカラーになっています。さらにチャートカラーは、シーバスやサワラ・サゴシにめちゃめちゃ効きます。サワラ・サゴシメインに釣りたい方や、時間問わずオールマイティに狙いたい方はぜひ使ってほしいカラーです!

この日の釣行の様子はYouTubeのHAYABUSA公式チャンネルにも掲載しています!ぜひご覧ください。

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

 

武庫一でのショアジギングにはぜひジャックアイの武庫一オリカラを!

どちらのカラーも武庫一で実績の高い超オススメカラーに仕上がっております。

武庫川渡船監修オリジナルカラーは、どちらのカラーもエースとマキマキの2種類あるため、使い分けも可能です!

広範囲かつ全レンジをまんべんなくサーチするときはエース。気になるレンジを集中的に探りたい、あるいは表層を攻めたいときはマキマキをオススメします。

2021年の武庫一ショアジギングには、ぜひ武庫川渡船オリジナルカラーのジャックアイを使ってみてください!

 

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。