ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【実売価格1万円台?!】ベイトフィネス対応マグネットブレーキ(FTB)搭載!シマノ「21SLX BFS」いよいよ

2021年の今年、100周年という節目を迎えるご存知「シマノ」。

ロッドにリール、ルアーと注目のNEWアイテムが続々と登場中。中でも…個人的に大注目なのが本体価格24,000円、実売価格でいうと1万円台という圧倒的なコスパの「SLX」シリーズのベイトフィネスモデル

バスはもちろん、流行の兆しのあるネイティブトラウトゲームや、ソルト対応のためライトロックに使えたり…と、どう考えても1台は持っておきたいリールなのです。

 

21SLX BFS

LEFTハンドルは2021年4月、RIGHTハンドルは6月登場予定

 

シマノ公式「21SLX BFS」詳細ページはこちら

 

FTB(Finesse Tune Brake system)搭載

ベイトフィネスモデルということで、気になるのはブレーキシステム。今回ブレーキには上位機種の「アルデバランBFS」や「カルカッタコンクエストBFS」などに採用されている「FTB(フィネスチューンブレーキシステム)」を搭載。

FTBとは、マグネットブレーキのこと。

マグネットになることで、ブレーキパーツユニットがスプールから完全に切り離すことができスプールの軽量化が可能。これによりピッチングが低弾道で行え、5gにも満たないような軽いルアーを思い通りに撃ち込めるようになるという訳です。

さらに、独自の機構により回転数に応じたマグネット位置制御が実現。これにより従来の遠心力ブレーキの特性に近づけることに成功し、ピッチング~オーバーヘッドまでトラブルレスで対応することが可能になっています。

 

投げ感は上位機種と変わらない

トーナメントでも積極的に使いたいリールです。

そう話すのは、ご存知「伊藤巧」さん。

 

その理由は、2.5〜3.5gのスモラバを低弾道でキャストでき、スキッピングでストラクチャーの奥へ正確にルアーを送り込めるという、上位機種に勝るとも劣らない投げ感とのこと。

ベイトフィネスリールに必要な機能はすべて揃っているんじゃないかな…とも。

 

2万円台という圧倒的コスパ

これまで、ベイトフィネス用としてFTBが搭載された「アルデバラン」や「カルカッタコンクエスト」「スコーピオン」シリーズなどのリールは、いずれも3万円台後半以上の価格帯なのに対し、こちらは本体価格24000円で、実売価格で言うと18000円~19000円ほど。

伊藤巧さんをして、「複数台必要なときにこのコストパフォーマンスはありがたいですね」と。

品番 ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
フロロ糸巻量
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
メーカー希望本体価格
(円)
RIGHT 6.3 3.5 170 32/22 8-45 63 42 5/1 24,000
LEFT 6.3 3.5 170 32/22 8-45 63 42 5/1 24,000
XG RIGHT 8.2 3.5 170 32/22 8-45 82 42 5/1 24,000
XG LEFT 8.2 3.5 170 32/22 8-45 82 42 5/1 24,000

※XG=エキストラハイギア仕様

 

関連動画はこちらからチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

実売価格で考えると、2台購入しても4万円もしない「21SLX BFS」。実釣でぜひ使い込んでみてはいかがでしょうか。

 

シマノの最新バス関連情報はこちらでもチェック!
→シマノ公式Facebookページ「Shimano BASS Station

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。