ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣果はラインで劇的に変わる。琵琶湖プロガイド「冨本タケル」流ラインの適材適所

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

高比重ワーム×ノーシンカー

まずは冨本さんといえばこの釣り。deps社「カバースキャット」のノーシンカーリグ

この釣りに使うラインはサンライン「シューター 20lb」一択。ガイド中にお客さんに巻き変えてもらうこともあるほど溺愛しているライン。

 

シューター【サンライン】

近年、このカバースキャットの釣りも少し進化しているという。

パターンの流行にともないバスがスレてきている。そこで重要なのがルアーを浮かさないこと。完全にボトムに着けた状態でドッグウォークさせる(首を振らせる)のがポイントだと。

このシューターは特殊なコーティングが施されていて比重が重い、そして硬く伸びないところが特長。

比重が重いことで、しっかりボトムを這わせることができる。また、他にも様々なラインを使用した結果、もっとも沈みが早かったのがこのラインだったんだそう。

また、硬さ・伸びの少なさは感度の向上に貢献。10m以上というディープでも、ボトムにラインを這わせた先のバイトを明確に伝え、しっかりフッキングさせることができるとのこと。

 

カバースキャットだけじゃない

冨本さんによると、比重の重さ、硬さ、伸びの少なさという特長は、カバースキャットの釣りだけにメリットがあるわけではない。

夏場にウィードの中を釣るときは、ウィードが干渉してラインスラックができる。そんなウィードの中でしっかりフッキングでき、ウィードに負けない強さのあるのが「シューター」なんだそう。また、ボトムをバンプさせるラバージグなどの釣りにもシューター。これは、低伸度であることからルアーにアクションが伝わりやすいというメリットから。

 

ビッグベイト

取材当日、カバースキャットの釣りをメインにしながらも、時折チェックのためにキャストしていたのが「ビッグベイト」

飛距離が必要となるこの釣りで使用していたラインは、サンラインの「シューター・FCスナイパー」。

 

シューター・FCスナイパー【サンライン】

前述した「シューター」に比べ、そのしなやかさが特長の「シューター・FCスナイパー」。しなやかでスプール馴染みが良く、スプール抜けも良いことから飛距離がほしいビッグベイトを始めとする巻きの釣りで使用。

また冨本さんによると、しなやかさに加え良い意味で“フロロカーボンラインながら伸びる”という特性があり、ライントラブルの少なさにも貢献するという。

 

ボトム&巻き

ボトムでも巻きでも使えるルアー。代表的なところでいうと「スイムジグ」など。

飛距離も感度も必要なこういった釣りで、冨本さんが使用するのはサンライン「シューター・FCスナイパー インビジブル」。

 

シューター・FCスナイパー インビジブル【サンライン】

「シューターとシューター・FCスナイパーの中間です」と冨本さんが言う、カラーが特長的な「シューター・FCスナイパー インビジブル」。

適度なしなやかさに適度な低伸度、巻きの釣りにも撃ちの釣りにも対応するラインで、「巻きも撃ちもひとつのタックルでやりたい方には、特に良いんじゃないでしょうか」とのこと。

 

2 / 3
前へ 次へ