ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR「革新的シャッドテール・スラッシュバンビ!その驚異的な釣獲能力ゆえの憂鬱と決断」の巻 第1046回

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR

「スラッシュバンビ」がイマカツWEBショップ限定デビュー!

TOP50開幕戦を終え、すぐさま取材ロケ遠征。

やっと一息ついた本日、ここに「スラッシュバンビ5.5インチ」を2021年5月(たぶん)イマカツWEBショップ限定マーケットデビューが決意したことを報告します。

ワーム素材として改良の限りを尽くし切った「スラッシュバンビ」。デッドスロー選手権では「アベンタクローラーRS」並みの強さを発揮するシャッドテールだ

何ともいきなりの発表で驚かれたかもしれないが、実はこの「スラッシュバンビ」を市場デビューさせることは、自分自身6年もの間、悩みぬいた末の決断である。

本来は市場デビューすることなく、お蔵入りがほぼ決まりかけていたイマカツ19年の歴史上最も「不遇の名作」になっていたかもしれないシャッドテールである。

5月リリースを決意した「スラッシュバンビ」。6年にわたる「スラッシュバンビの憂鬱」を今、公開しよう

「スラッシュバンビ」開発の経緯

「スラッシュバンビ」開発の経緯は、2015年、東播野池屈指のスコーン(スイムジグ)名手として知られるハンドルネーム「シカキング」君の理想とするスコーン専用の「超デッドスロー」、「ウォブらない(くねらない)パーフェクトロール」のシャッドテールを実現しようとしたことから始まった。

そして2016年、極薄硬質テールを別体成型する「スラッシュテール」を開発、特許出願。

超デッドスローでの破格のキレあるテールアクションと、ボディを一切くねらさずジグごとボディロールさせる、i字ロールともいえるナチュラルアクションを実現した。

この「スラッシュテール」の威力は、まさにシャロークランクの樹脂製リップが、基盤リップに変わったと同じほどの明確な性能向上を果たし、2016年~2017年の実釣テスト結果もそれを裏付ける期待以上の釣果をだした。

アクション、釣獲能力に関しては紛れもなく革新的シャッドテールの完成を確信したものだった。

すでにルアーマガジンの取材で全貌が公開されていた「スラッシュバンビ」。2017年冬にはデッドスロースコーンを極めたことを確信したが……

しかし、皮肉にも本型の製作を指示した2018年冬、「スラッシュバンビ」の釣獲能力の高さが致命的ともなる出来事に遭遇する。

釣獲能力の高さが致命傷に……

1 / 3
次へ