ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2021年は季節の進行が早い】早くもアフター登場?ガイド前田の日替わり琵琶湖攻略

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

みなさんどーもガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

マザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックスなど。愛知出身・滋賀在住。

 

今年は進行が早い?琵琶湖の状況

3月末の大潮からさらに難しくなってしまった琵琶湖南湖。

スポーニングに入った個体も多く、半プリ(1回産んでる個体)やアフタースポーンのお魚もチラホラ釣れるようになってきました。ただでさえ日替わり具合の激しい琵琶湖パイセンなのに、「春」という要素で日替わりどころかその日のうちでもコロコロ変わって大変です。

やっぱり桜と一緒で今年は早いですね~。とはいえ、まだまだプリスポーンのお魚も多いので、私のガイドではなるべくプリスポーンのお魚を狙うようにしています。

 

そして、今年もブルーギルの姿を絶滅レベルに見ないのは私だけでしょうか。もう少し暖かくなったら出てくるのかなぁ。でも、冬の間にサーキットバイブしてても釣れてこなかったしな~って感じです。

 

プリスポーンの魚を狙う

そんな状況での最近のガイドでは、クラップクローデスアダースティックのライトテキサスリグ、バルビュータスパイニークローのフリーリグがメイン。

 

リグのセッティングはこちらを参考に

 

雨や強風で濁りが入ったシャローでは、サイレントキラースウィートキラー、タイニークラッシュ、イヴォーク2.0イヴォーク1.8(プロト)を巻いたり、フラットバックジグデスアダーグラブツインテールをセットして巻いたりしています。

 

暖かい日が続いた場合

暖かい日が続いた時には、各シャローや、沖の浅い所(浚渫跡の掘り残しのハードボトムや沖のハンプなど)に魚が差してくるタイミングを狙っています。

差してくるとバタバタと釣れて、ゲストさんたちにラッシュを味わってもらえるのですが、タイミングが難しいというか、どのタイミングで差してくるのかつかみづらいので、差してこない時には「完全に無」のツラい状況になってしまうのでキツいです。

 

しかし、暖かい日が続いた後のハンプの上などは、場所を間違えると元気のいいオス(大きくない)が多い所も出てくるので、そのような場所は避けてデカいメスを狙っていきます。

 

寒い日が続いた場合

一方、寒い日が続いた場合には、上がったけど固まって動けないお魚を狙うよりは、まだまだこれから動き出す遅めの個体を狙って5mよりも深い場所を狙うことが多いです。

その場合にはクラップクローの”ツワリパターン”と、ハイパーフットボールジグ5/8オンス、3/4オンス、1オンスにバンブルシャッドやスイングインパクトを付けたへビスコを使うことが多いです。

 

ツワリパターンはこちらを参照

ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」クラップクローのツワリパターン

 

やはり、なかなか思うように釣らせてくれない琵琶湖パイセン。特にこの時期はいつも以上にお魚を大切に扱う&手の届く範囲のゴミは拾う、くらいの余裕を持って釣りを楽しみましょ!

ではまた!