ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

JBトップ50第1戦・遠賀川戦を優勝した武田栄喜プロ!使用ルアーとウイニングパターンを公開

2021年4月2日(金)~4月4日(日)まで行われていたJBトップ50第1戦「ゲーリーインターナショナルCUP」。

人為的プレッシャーに加え、決勝戦は本降りの雨で中々厳しい状況。そんな中、安定したウエイトを揃え、見事栄冠を手にする事ができたのは武田栄喜プロ。

武田 栄喜 (Haruki Takeda) プロフィール

琵琶湖でハードルアーを中心としたストロングスタイルでの釣りを追求するプロガイド。またトーナメンターとしてはオールラウンドなスタイルでトップ50シリーズで高い実績を残している。高知県出身

予選2日目の時点では2位でしたが、決勝で2匹1,636gを記録、2位から1位へ逆転することに成功。

 

最終成績の結果がこちら!
No. 氏名 重計 1重 2重 3重 p
1 T5012
タケダハルキ

武田栄喜

9,643g 3,662g 4,345g 1,636g 50p
2 T501
フジタキョウヤ

藤田京弥

9,469g 3,588g 5,665g 216g 49p
3 T506
コモリツグヒコ

小森嗣彦

9,461g 3,176g 0g 6,285g 48p
4 T5020
ミナミカズキ

南一貴

9,063g 4,315g 2,392g 2,356g 47p
5 T5014
ハヤノタケシ

早野剛史

8,792g 5,600g 2,042g 1,150g 46p

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

表を見てもらっても分かる通り、上位陣は接戦で1匹がとても貴重な展開となっていました。リミットメイクをする選手も本当に僅かだった中で武田栄喜プロは見事優勝。

では実際、試合中にどういった攻め方をしていたのか? 使用ルアーと共にウイニングパターンについても紹介していこうと思います。

 

琵琶湖の釣りを貫いて見事優勝!

以前の遠賀川戦で準優勝をしていた武田栄喜プロ。今回も同じような釣りを組み立てていたそう。

だが、当時の釣りは全く通用せず、プラクティスでは1日1本という釣果で、組み立てていたパターンを1から仕切りなおすことに。僅かな釣果ながらも上流でバイトが多かったことを記憶、更に過去の大会でスイミングジグがハマったことを思い出し、横の動きのルアーを中心にプラクティスで試したそう。

色々横に動くルアーを試す中、「ジグヘッド」と「シャッド」に手応えあり。バイトの多かった上流では「ネイルリグ」に反応が良かったそうで、3つのリグを軸に試合当日を迎えることになりました。

 

では、それぞれのリグで主に活躍したルアーとウイニングパターンについて解説していきます。

 

ヒットルアーその①「ネイルリグ」

今大会でも特にメインとなったのがネイルリグ。その際に使用していたのが「コイケシュリンプビッグ」【ハイドアップ】。

ハイドアップ公式「コイケシュリンプビッグ」詳細ページはこちら 

 

主なパターンは、最近琵琶湖で流行している高比重系ワームを使用したボトムの釣り。

太いラインを使用してワームとラインを完全に沈めてから僅かに動かすという釣り方ですが、それを「コイケシュリンプビッグ」を使い上流で実践。カナリの高ウエイトを叩き出すことになりました。琵琶湖のバスだとバイトがダイレクトに出るが、今回はかなりのハイプレッシャーで超ショートバイト。重くて動かないか手前にラインが僅かに入る程度だったそうです。

 

ヒットルアーその②「ジグヘッドのミドスト」

上流は「コイケシュリンプビッグ」のネイルリグを使い、中流域のプリ狙いには「ジグヘッドのミドスト」を使用。使ったルアーは「サカマタシャッド」(5in)【デプス】でした。

 

その他キーパーサイズ狙いにシャッドを使用

数を揃えるのに用意していたのはシャッドプラグを使った釣り。因みに使用ルアーは「フローシャッドⅡ」【ジャクソン】です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

メインとなった釣りのほとんどが琵琶湖で培ってきた技術と経験によって生み出されたモノ。遠賀川でも琵琶湖の釣りを貫けて最高な結果を得ることができましたと実際に話していました。

今回、初優勝に輝いた武田栄喜プロ。残りの4戦ではどういった活躍を見せてくれるのでしょうか?

 

武田栄喜プロのコメントも是非チェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿