ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【状況に応じて2種類をローテ】加木屋守(マーモ)が濁りに効くクランキングゲームを解説!気になる使い分け方とは?

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

春のクランキングパターンも本格的に開幕。先日は雨の後の長良川にて少し濁っている状況でクランキングを試すと2連発! っていうこともありました。

さて、今回は最近イイ釣りができている「クランキングゲーム」について、少しお話させていただきます。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

状況にアジャストさせて2種類のクランクベイトを使い分ける

使用したクランクベイトは名作でもある「ジェロニモマグナム」、そして「ブロックリッパーMR」です。

Name Length Weight Type Hook Size Price
BLOCK RIPPER 48MR 48mm 8.5g Floating #6 ¥1,518

ジャッカル公式「ブロックリッパーMR」詳細ページはこちら

 

流入からの濁りがあるような場所では、「ジェロニモマグナム」。少し濁りが落ち着いてるような場所では「ブロックリッパーMR」を使用しました。「ジェロニモマグナム」はかなりアピール力の高いビッグクランク。

ジェロニモマグナム

 

濁りや風があるような場面でもしっかりとアピールして食わすことができます。

逆に「ブロックリッパーMR」はタイトアクションでシャッドに違いクランクベイト。

けど、シャッドより強いのでシャッドを巻きたいけど弱いよな…、っていう場面で使っていただきたいのが「ブロックリッパーMR」です。

特にこのクランクはプレッシャーがかっているような時には是非使用していただきたいクランクベイト。

巻くエリアとしてはシャローフラットにあるハードボトムエリア。

そういったフラットにさしてきたバスを物に当ててリアクションで食わせるという感じです。石や木などがそういった場所の水中に絡んでいればなおさらチャンス。

 

水質がクリアならジャークベイト系を織り交ぜるアプローチ

そういった場所で水質がクリアアップしていたり、バスが浮いてる状態とわかれば「リレンジ」などのジャークベイトを混ぜるのも良いと思います。

ここ数日は水温も上がってきてバスが一気にシャローに差し始めたタイミングなので、是非皆さんも釣りに行ってみて下さい!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【ジャッカル・ボックスロゴTシャツ】ジャッカルの2021年・新作ロゴTシャツ!

【NEWエッグアームEGG ARM】人気の穴釣り&チョイ投げロッドがフルリニューアルデビュー!

【シャギー1.8g 2.7g 3.5g】色んなスモラバ攻めで使えるジャッカルの新作スモラバを紹介

「マイクロポンパドール」「マイクロタッピー」に2021年NEWカラー3色が2021年6月登場

【ピクピク65 ピクピク78】加藤誠司が監修!ピクピク攻めができるプラグ【65mmは2021年3月登場・78mmは5月登場】

発売されたてホヤホヤ!「バウンティフィッシュ158」についてプロデュースした本人!片岡壮士が超詳しく解説