ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ピクピク65 ピクピク78】加藤誠司が監修!ピクピク攻めができるプラグ【65mmは2021年3月登場・78mmは5月登場】

ジャッカルから2021年登場の注目ルアーをご紹介! それは…

ピクピク65 / 78【ジャッカル】

ピクピク65=2020年3月登場
ピクピク78=2020年5月登場

2021年ジャッカルから登場の注目ルアーなのが加藤誠司さんプロデュースの「ピクピク65 」「ピクピク78」。

まずは65サイズが3月に登場、続いて5月に78mmサイズが登場予定。

ジャッカル公式 ピクピク65/78詳細ページはこちら

Name Length Weight Type Hook Price
PIKUPIKU / ピクピク65 65mm 3.0g Floating ST26TN#12 ¥1,650
PIKUPIKU / ピクピク78 78mm 4.9g Floating RB-M#8(F) #10(R) ¥1,700

 

 

以前から表層の一点波紋系食わせテクとしてしられているのが「ピクピク」。そんな「ピクピク」攻めが誰でも簡単に演出できるプラグとして、加藤さんが完成させたのがこの「ピクピク65 / 78」。

特長はなんといっても、なめらかに曲がったボディデザイン。なぜこんな形状をしているのか? というと、一点シェイクさせた時に、ナチュラルなロール系身もだえアクションしつつ、手前によってこず、誘い続けられるようにするためだそう。

ちなみにどんな、感じでピクピクしてくれるのか? アクション動画をぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

加藤さん自身、I字系は比較的サーチも含めた展開で多用、そしてこのピクピクは、より食わせ要素の高い水面系として多用し、かなりの好釣果を残しているとのこと。

 

 

【バス釣り】妖艶に惑わす“身悶えアクション” ピクピク 65/78 / 加藤誠司

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

ピクピク65 / 78の特長をピックアップ

それでは、このピクピクの特長を細かくみていきましょう

湾曲したボディ

緩やかに湾曲したボディはアクションを加えると起き上がりこぼしのように左右へパタパタとロールし、あたかも弱った小魚が悶えているかのような波紋を生み出します

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

安定した飛行姿勢

曲がったボディだとキャストするとルアーが回って飛距離がでないのでは? と心配するかもしれないけど、このピクピクではボディ形状とバランス、ラインアイの位置関係を検証。キャスト中の飛行姿勢の乱れや回転を抑制するデザインを採用、最終的には安定した飛行姿勢でかなり飛距離を実現

 

ベストな浮き加減

内蔵ウエイトやフックサイズのバランスにより、背中の一部が水面から浮き出る絶妙なセッティングで設計。パッケージから出してそのままベストな状態で使用できる

 

一点での誘いを可能にするオリジナルラインアイ

一点での誘いを可能にするオリジナルラインアイ。ひし形に近い形状の頂点に結束することで支点がブレにくくなり、ロッド操作による安定したアクションを可能に!

 

I字の次はコレだ!ピクピクZOOMスペシャルトーク / 加藤誠司 川島勉 藤田京弥

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

カラーは65、78とも共通の全10色

 

いやぁー早くつかってみたいです!