ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【豊富なベイトに寄ってくる?】産卵前のアジは河口が狙い目!一宮安幸の春アジングのススメ

連載:ジャッカルソルト
寄稿:一宮 安幸

皆さんこんにちは。大分の一宮です。

桜も咲いて、いよいよ春本番といったトコロでしょうか。 さぁ、そんな今回は…「春のアジング」について解説していきたいと思います!

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

春のアジング

春のアジはまさに産卵期を迎え、大型の個体も接岸。型重視でアジングをされる方も外せない時期と言えます。

接岸するとはいえ、回遊性の強いアジですのでどこのポイントに絞るのか悩ましいところです。僕の地元、大分では高確率で大型の個体が入ってくるポイントが実はあるんです。それはズバリ河口になります。

 

“何故河口なのか”は、アジに聞かなければわからないのですが、おそらく豊富なベイトを求めて産卵に向けた体力増幅をはかっているのではないかと思っています。今回はそんな河口域の春のアジングについて解説していきます。

 

中・小規模河川の河口域がアツい

まずは「どんな河口が良いのか」からですが、一級河川の様な大型河川は逆にポイントが絞り辛いのでスルーしていきましょう。

ここではむしろ、二級河川などのやや川幅が狭いところの方が良く、水深も満潮時に1メートルを超える様な場所が好ましいです。更に夜間常夜灯が灯る様な場所があれば、なお熱くなると思います。港湾部に隣接する小規模な河川も意外と見逃せないポイントです。

 

河口域でのルアーセッティング

次にオススメするルアーセッティングですが、前にも少し触れましたが、豊富なベイトに合わせたものが良いです。この時期の河口域にはシラスウナギやシラウオ、少し季節が進むと稚鮎やハク(ボラの稚魚)がいるので、それらを意識してチョイスしていきましょう。

 

シラスウナギ・シラウオパターン

まずはタイドリングヘッドペケリング3in。カラーは「ノレソレネオン」の様なクリア系のカラーで、シラスウナギやシラウオをイミテートしてみましょう。タイドリングヘッドは流れが早い河口域で、潮受けよく狙ったレンジを探れるのでオススメです。

ペケリング 3インチ「ノレソレネオン」

またローテーションとして、波動を生み出したい時はタイドカーリーに変更するのもありです。

 

アミパターン

河口域にもアミが多くなる事もあるので、そんな時はタイドリングヘッドペケリング2in、「オキアミネオン」がオススメです。中型以下のアジの群れの時には強い威力を発揮します。

オキアミネオン

 

稚鮎・ハクパターン

最後に稚鮎・ハクパターンの時にはジェリーサーディン54の、カラーはホログラムシルバージェリーがオススメです。

ホログラムシルバージェリー

 

表層付近をフワフワ漂わせて流れにのせるだけでオッケーで、更にある程度の遠投も可能なので広範囲を探れるができます。

 

またこの季節の河口域にはアジ以外の魚も多く入ってくるので、多彩なゲストと戯れる事が出来るのも魅力的です。

 

暖かくなってきたこの季節、是非春の河口域アジングに挑戦してみてくださいね!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!