ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いろんなベイトに化ける?「たぬき」に似ているから「ヤマタヌキ」。ゲーリー河辺さんにイロイロ教えてもらいました

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
春のバス釣り特集2021

面白く、楽しいワームにしたい

特に一番多かったのが「飛ぶワームが欲しい」という声。

そこで、ヒントになったのが、誰もが試したことのあるであろう「4インチグラブ」のイモチューンの逆付け。

誰もがお世話になった定番にして王道「ゲーリー4インチグラブ」

この”流線型の形”が飛ぶ、ということをヒントに開発がスタートしたんだそう。

 

ボディサイズは2.5インチで自重は約5.3g

2.5インチと小さめな流線型のシルエットながら、バルキーでその自重は約5.3g。マテリアルはもちろん生命感に定評のあるゲーリーマテリアル。

4インチグラブが3.4gということを考えるとかなり小粒で重い。このあたりがしっかり飛ぶ理由。このスペックならノーシンカーセッティングでも、スピニングだけでなく、ベイトフィネスで使えそうな感じ。

 

投げて落とすだけじゃ楽しくないじゃん

イモチューンの4インチグラブ、たしかによく飛んで、よく釣れるんです。記者が中学生のとき「それで釣ってもエラくないからな!」と友達に言われたほど。

ただし、パーツがないのでワーム自体はほぼアクションしません。実際使っていたのは、ほぼフォールとかズル引きとか。要は誘いにくいというか誘えないというか。

河辺さんいわく「投げて落とすだけじゃおもしろくないかな?って。釣れたよりも釣ったほうが楽しいんですよ。だから、しっかり釣り人側が誘えるワームにしたかったんです」とのこと。

…そこで、テールを付けるという発想に。

 

テールは細くするほうが動きはいい。でも…

テールを付けるにあたり、太いテールから細いテールまで、いろいろ試行錯誤。記者が取材で見かけたのは、おそらくこのあたり。

結果、細い方が水流を受けてアクションは良くなる。ただ、ギルに噛み切られたりすることも。そのギリギリの間を狙った太いような細いような独特なテール形状となって、いよいよ完成。「経験上、この太さがあればカンタンに噛み切られることはありません」とは河辺さん談。

これが「止めたい時にはピタッと止まり、動かすとプルプルと動く」テールとなり、あの”釣れる”「レッグワーム」にも同じ要素が。

ちなみに「テールが扁平型になっているので、スモラバのトレーラーとかにも良いですよ」とのことでした。

上下にスリットが入っていてフッキングが良く、根がかりもしにくいんだとか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

河辺裕和(@hirokazu_kawabe)がシェアした投稿

2 / 3
前へ 次へ