ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【池内修次が教える春イカのキモ】キロオーバーの春イカを狙うポイント!

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは!デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、DUEL&YO−ZURI、XESTA等の最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

先週は春のデカアオリイカでのエギをスローにアクションさせる為の二種類のエギ「EZ-Qキャスト喰わせラトル」「アオリーQ LCスロー」の性格の違いについてお話しました。

今週はそのエギを使ってどのようなポイントを狙えばいいのか?について紹介します。

先週の内容はこちらからチェック!

【池内修次が教える春イカのキモ】スローに誘える2つのエギ「EZ-Qキャスト喰わせラトル」と「アオリーQ LCスロー」の性格の違い

春イカを狙うポイントについて!

先週も行っておりますが、この時期からは産卵を意識したアオリイカを狙うってことになります。

完全にペアリングをしていて産卵をしている個体はエギには全く反応はしてきませんが、そのペアリングしている個体の周りにいる個体はエギには反応してきます。

なので、この時期は産卵をする場所であるホンダワラなどの藻場が近くにあるエリアが激アツポイントになってきます。

その他にも、そのような藻場近くにある海が一段落ちるようなブレイクラインなどにもアオリイカは付きます。

産卵前であったりする個体は、体力をつけるためにその様なポイントでベイトなどを捕食します。

なので、その様なエリアを見つけたら必ず探ってみてください。

例え藻場のあるエリアが水深1mもないところにあり、少しずつ水深のあるエリアにつながっているところでも必ず一度二度はエギを通してあげチェックすることをオススメします。

そのようなエリアでも、過去に2キロオーバーのアオリイカが釣れている実績はあります。

居ないであろう?ではなく、居るかも?って感覚でチェックしていってくださいね。

あとは、そのポイントが回遊ポイントなのか、居つきのポイントなのかを判断することです。

外海での釣りになるとポイントにもよりますが、ほぼほぼ回遊待ちのポイントになりますが、その外海ではありますがワンドになっておりその中のポイントは居つきになります。

そのことで、ねばって狙うエリアか数投してそのエリアを移動するポイントなのかを判断してテキパキと大型のアオリイカを狙っていくようにすれば効率良く狙えると思いますので参考にしてくださいね。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜‼︎

タックルデータ

ロッド・・・XESTA ASSAULT JET 75プロトロッド

リール・・・ダイワ 18イグジスト LT2500S−C

ライン・・・DUEL X8 Pro エギング0.6号、アーマードF + 0.6号

リーダー・・・HARDCORE エギングリーダー2.5号

スナップ・・・日本の部品屋 エギ用ロウ付けスナップ V型 NO.1

エギ・・・DUEL ez−Q キャスト喰わせ ラトル 3.5号

YO-ZURI アオリーQ LCスロー 3.5号

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/