ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いよいよ春!ガイド前田的定番「ツワリパターン」と「へビスコ」が炸裂開始!

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

マザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックスなど。愛知出身・滋賀在住。

早いですね~。もう3月も中旬!さぁいよいよ春!って感じになって来ましたね!

やはり予想通り、桜の開花もかなり早そうです。
この時期になると、毎年人間ばかりがワクワクしちゃいますよね~(笑)。みなさんもパンパンにテンパっちゃってるのでは?

さて琵琶湖ですが、まぁ例年通りって言えば例年通りな感じ。春っぽい場所で春っぽいお魚も釣れるし、冬っぽい場所で冬っぽいお魚も釣れるし、冬っぽい場所で冬っぽい釣り方をして春っぽいお魚も釣れるし…(爆)。

ってな感じで、少し早いように感じることもあれば、まだ冬なの?なんて思うこともあり、個体差の大きい魚だけに、やっぱりなんだかんだ例年通りって感じなのかな~なんて思っています。

ただ、やはり数年前までみたいにブルーギルがたくさん居た頃とはやっぱり違ってきているように感じています。

春定番の「ツワリパターン」がメイン!「へビスコ」も出番が増えています!

最近のガイドでは、もはや定番となったクラップクローのライトテキサスリグ「ツワリパターン」をメインに、ハイパーフットボールジグやモザイクジグにスイングインパクトをセットしたスイムジグ。

濁っている場所や濁りが入った時用にDC-400カスカベルコリガンマグナム450バリソンミノーロングビルT.D.バイブレーション82Sフラットバックジグブルフラット5.8インチのテキサスリグなんかを、その日この時の状況や、お魚の具合を見てローテーションしています。

ツワリパターンの詳しい記事はコチラ!

ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」クラップクローのツワリパターン

中でも特に「ツワリパターン」と「へビスコ」の出番が多いですかね!

「ツワリパターン」にはHGC-70HFバレットショット 21ジリオンSV TWモンスターブレイブZの16ポンド(18ポンドを使う場合はスティーズA TW)、reinsのタングステンスリップシンカーにハヤブサのT.N.Sオフセットって組み合わせのタックルを使っています。

「へビスコ」にはハイパーフットボールジグの5/8オンス、3/4オンス、1オンスにバンブルシャッドやスイングインパクトを付けて使っています。タックルはHGC-70XF/GPスーパーボーダーRYOGA1016H SLPW(ガイド前田仕様RYOGA)、モンスターブレイブZの20ポンド。

狙い所もこれまた例年通りと言えば例年通りで、各エリアのウイードの新芽やハードボトムはモチロンのこと、浚渫跡やミオスジなどの地形変化やマンメイドストラクチャーや沈みモノなどを釣っていく感じですね。

さらにそのような場所にプラスアルファな要素が絡めばチャンスアップ!

ただ、最初にも書きましたが、人間ばかりがテンパって春を先取りし過ぎてる感も否めないので、サーキットバイブヘッドロックジグなどで冬っぽい釣りをすると正解の時もあります。

流行りの釣りをするのもアリだし、季節の釣りをするのもアリ!みなさんも思い思いの釣りで楽しんじゃってくださいね~!

では!