ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これから釣りを始めたい人必見!初心者釣り講座

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

こんにちは、トモ清水です。

コロナ禍でアウトドアが注目されている中、これから釣りを始めたい人も多いのではないでしょうか。でも「どんな釣りから始めればいいのか?」「どんな釣りがおすすめなのか?」「何を準備すればよいのか?」といったように、釣りをはじめたいけど、実際に何から始めればよいのか漠然としている方も多いと思います。

今回は今さら聞けない、まず釣りを始めるための「はじめの一歩」に関して、できるだけ簡単に説明させて頂きたいと思います。

春を感じる季節。釣りは始めるにはよい季節。でもちょっと知識がないと釣れない難しい季節。この記事を読んで、釣れる釣りをはじめよう!

魚を釣るまでのプロセス

①   釣具屋に行って、釣竿や仕掛け、エサなど必要な道具を購入

②   釣り場に行く

③   魚を釣る

たったこれだけの工程なのですが、冒頭で述べた通り「どんな釣りから始めればいいのか?」「何を準備すればよいのか?」が分からないので、そこがキーポイントになります。どんな魚を狙うかによって、準備する道具と目指す釣り場が決まってくるので、まずはどんな魚を狙うかを決めましょう。

でもその狙う魚さえ、分からない、決められない、という方にもオススメな魚を紹介していきたいと思います。

釣りは食べるという目的が基本

釣りはやはり自分で釣った魚を食べたい、というのが釣りをはじめたい原動力だと思います。やはり美味しい魚がターゲットの釣りから始めるのが良いと思います。でもいきなりマグロを狙う、というのは難易度が高く、気軽に挑戦はできません。まずは全国のどこにでもいる魚種で、食べて美味しく、簡単に狙える魚種、ということになります。

釣りは釣れないと面白くないので、これから釣りを始めたい人には、食べて美味しく、たくさん魚のアタリがあり、数が釣れる、簡単に狙える釣り物がオススメということになります。

美味しく気軽に狙える魚種とは?

食すという観点で釣りのターゲットで人気なのが、やはりアジとイカ。この魚種は全国各地で釣ることができて、定番の海のターゲット。アジは数釣りができるので、エサ、ルアーともに人気が高まっています。

イカに関しては、アオリイカという種類が、陸からでも狙えるのでエギングというルアー釣りで人気があります。ただし、数が狙えるのは秋の9月と10月なので、春から釣りを始めたい人には難しいと言えます。

イカは船からも人気がありますが、美味しいヤリイカなどは水深が100mと深く、電動リールが必要であったりと気軽とは言えません。

今回のイチ押しの魚、アジ。数が狙え、どこにでも居る魚。やはり食べて美味しく、船、陸の両方とも人気のターゲット

人気のアオリイカ。でも、始めるには秋がベスト。春も狙えますが難易度が高く、しかし春は大型サイズが釣れます

ヤリイカも人気のイカですが、基本は船から狙います。この春の時期は手巻きで狙える水深70mくらいまで浮上してきます。基本は電動リールの釣りで、初心者にはハードルが高い?

アタリが多い釣りとは?

春はどうしても海中はまだまだ冬の海なので、実際には釣り場に行っても、魚からのアタリが少ないことも多く、これから釣りを始めたい人とっては難しい季節となります。でも、遊漁船に乗って沖に出れば、アタリが多い釣り物が春にはたくさんあります。

実際に、私も釣りを本格的に覚えたのは小学生の頃。父親の所有していた小さい船で日本海に出船し、アタリが多い、キス釣りやイイダコ釣りで釣りの基本を覚えました。キスもイイダコも、もちろん美味しく数も釣れるのでオススメなのですが、今回はアジをオススメします。

またアジの船に関しては、手ぶらでも船宿が釣り竿、リールやエサ、そしてライフジャケットなど必要な物をレンタルしていますので、本当に気軽に始められると思います。アジは東京湾など、比較的に波がない穏やかな湾内で狙えますので、船酔いが心配な方にもおすすめです。外房など外洋は大きなウネリが出やすく、酔いやすいので初めての方には厳しいかもしれません。

船のキス釣りは、アタリが多く、数釣りが出来るので、釣りを覚えるには良いターゲット。もちろん食べても美味しい魚です

陸っぱりからのおすすめ釣り物

「船に乗るのはちょっと」という方も多いと思います。となると堤防釣りが海の一般的な釣り場ですが、春は海水温が低く、ちょっと難しいかもしれません。そこでオススメなのが、海上釣り堀やトラウトの管理釣り場といった、季節に左右されることなく、安定した魚影の濃さがある釣り場で、釣りを始めるのが良いでしょう。

駐車場、レンタルタックル、トイレ完備されているのがほとんどで安心です。海上釣り堀では、マダイやブリ、シマアジなどの高級魚も釣ることが可能です。

海上釣り堀によってはルアー釣りもOKなところも。去年お世話になった大阪の小島養魚場さんは、その一つ。エサではマダイ、アジなどが狙えます

釣り堀で釣った大型のヒラマサ。ショアスキッドジグの20gでヒット

番外編として「ざうお」という釣り堀居酒屋もオススメです。実際に私も先週、家族で行ったのですが、釣ったアジ、アワビやエビ、そして穴子など、釣った魚を自分な好きな料理方法で提供してくれます

ヒラメやアジ、マダイやシマアジもイケスで泳いでいて、釣り上げることが可能です。釣竿も貸してくれて、釣り上げた魚はもちろん料理してくれます

船からのおすすめ釣り物

この時期に釣れている釣り物は、アジ、メバル、シーバス、タチウオなどになります。これらは食べて美味しく、数も狙えますので、船からのおすすめの釣り物になります。また、これらはエサでもルアーでも両方の釣り方が選べます。

例えばアジは、ライトアジという形でコマセを巻いてエサで釣れるし、バチコンアジングといってワームでも狙えます。タチウオの場合、冷凍イワシを使ったテンヤ釣り、ルアーの場合はメタルジグを使います。

あと船で老若男女問わず人気なのがタイラバ。タイラバを落として巻くだけでマダイをはじめ、実に様々な高級ターゲットが狙えるとあって、ここ数年うなぎ登りで人気が高まったジャンルです。このタイラバから釣りを始めた人も多いのではないでしょうか。

バチコンアジングは。釣りを始めたい人にはうってつけ。落とすだけで簡単に大型のアジが釣れます。おすすめワームは、パワーベイトのマイクロクローラー3インチ、アジングカスタムです。色はやはりグロー(蓄光)系がおすすめ

船からのアジ釣りは、お土産が十分確保出来るのが嬉しいところ

こちらの特設サイトは、これから船釣りを始めたい人に分かり易く、参考になるページになっています。初心者にもおすすめな船釣り用ロッドが黒船。カワハギやテンヤマダイ、カレイやキスなど、ターゲット魚種毎に専用ロッドがズラリとラインナップ。非常にコスパが高く、年々人気が高まっています。

https://www.purefishing.jp/kurofune_sp/

初心者にもおすすめな船釣り用ロッドが黒船。マルイカ専用ロッドも発売されています。マルイカはこれから本格的シーズンに入っていきます。

タイラバは落として巻くだけ。それだけでも初心者におすすめ。

誰にでも大型魚を釣るチャンスがあります。タイラバはカチカチ玉が非常に良く釣れます。

匂いと味のあるガルプ!を簡単に装着出来るので、それもよく釣れる要素となっています。

ヒラマサやブリなど大型魚もタイラバに食ってきます。

こちらはリール担当のMacさんが釣ったメーターオーバーのヒラマサ

東京湾ではボートシーバスが今盛んです。特に落として巻くだけのシーバスジギングは初心者にも簡単でオススメ。まだまだ狙えます!

まとめ

どうでしたでしょうか。気軽に釣りを始められるなら、レンタルタックルや施設がしっかりしている管理釣り場が一番ベストかもしれませんね。美味しい魚をたくさんゲットしたいのなら、やはり船に乗るのが間違いないと思います。

釣りは本当に奥が深く、狙える魚種も実に様々。釣りをすれば一生幸せになれると言いますが、私もそう思いますので、是非気軽にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

トモ清水でした~!

See you sonn!