ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【圧倒的な飛距離!】光と音で超アピールできるショアジギングの最注目ジグ「メタルジャッカーCJ」がヤバい!

寄稿:幸田達郎

気温もジワジワと上昇し、ショアジギングが盛り上がり出しそうな今日この頃。

と言うことでココでは、ライトショアジギングの注目アイテムを紹介します。

発光体をセットすることができるメタルジグ「メタルジャッカー」シリーズに、NEWアイテムメタルジャッカーCJ(クレイジージェット)が登場しました。

「メタルジャッカーCJ」は、「メタルジャッカー」シリーズの特長である「ラトルスティック」や発光体がセットできる構造(ラトルスリット)や、いろいろな使い方やカスタムができる「おまかせアイ」はそのままに、リアバランス(後方重心)設計になりました。

「クレイジージェット」の名の通り、同ウエイトの「メタルジャッカー」と比べて、飛行姿勢が安定するため、飛距離が伸びやすく、素早く着底を取ることができます。

ウエイトのある重いジグを使わなくても、深場や沖合へアプローチできるため、ライトタックルでの釣行時や、シビアな状況で頼れる存在となります。

ウエイトラインナップは、21g、28g、35g、42gの4モデル。ショアジギングやスーパーライトジギングで使い勝手のよいウエイトが揃っています。

メタルジャッカー青物/太刀魚モデル」、「メタルジャッカーSJ(スロージギング)」との使い分けで、アプローチの幅がさらに広がりますよ。

「メタルジャッカーCJ」カンタンでよく釣れる使い方

「メタルジャッカーCJ」は、従来のメタルジグ「メタルジャッカー」と同じで、巻いてよし、シャクってよしのメタルジグです。

メタルジグ単体でのアピールに加え、「ラトルスティック」をセットしていれば「音」で、発光体をセットしていれば「光」で、魚を誘い、引きつけます。※音でのアピールを可能にする「ラトルスティック」は標準装備されています。

今回は、私が多用する「メタルジャッカーCJ」ならではのアプローチの方法をご紹介します。

早巻き&フォールが効く!

紹介するのは、ショアからの青物狙いで多用する使い方で、リアクションバイト(反射食い)を狙う釣り方になります。

皆様も経験があるかと思いますが、朝イチの時合が終わり、活性が落ち着くと、青物がなかなか口を使ってくれなくなります。

そんな時でもベイトフィッシュが差してきたり、風が吹いたりすると一時的に食い気が立つ時があるのですが、魚がいるのに釣れないと言う歯ガユイ時間を強いられます。

そういう時に試していただきたいのがこの使い方です。

具体的には……まず、キャストして着水後に早巻きします。

これは逃げ惑う小魚を演出し、青物のスイッチを入れることが狙いです。

コツは、できる限りでの最速のスピードで巻くのを意識すること。早巻きをすることで、動体視力の良い青物に、ジグ:ニセモノだと見切らせない狙いもあります。

この時、ロッドアクションは不要ですので、リールの早巻きに集中してくださいね。

そして早巻きの後にリールを巻くのを止めてフォールさせます。このフォール中にバイトがあることが多いです。

ちなみに魚がジグを咥えてコチラに泳いできている時は、手元にアタリを感じないため、フォールして着底までの糸(ライン)の動きをよく見ておいてください。

また、この釣り方の良いところは、竿をシャクる必要がないことです。

シャクらないので、時合が終わり、若干疲れが出てくる時間でもやり続けることができますよ。

「メタルジャッカーCJ」は、後方重心のため、水の抵抗を受ける先端部分がシリーズ中で最も薄く設計されています。

投げ続けることが釣果に直結するショアジギングで、ラクに誘い続けられることは、大きなメリットです。

また「メタルジャッカー」の青物/太刀魚モデルでも同様の使い方は可能です。

時合ほど数が出ることは稀ですが、難しい時間帯でも拾いを釣りすることができますし、そもそも活性が上がらない日は、出番が多くなる誘いですので、釣り方の引き出しに加えてみてください。

カラーの使い分け法

「メタルジャッカーCJ」には全11色のカラーバリエーションがあります。

系統ごとに使用するシチュエーションを紹介します。

【シルバー系】:#ギラギライワシ、#ピンクイワシ、#コットンキャンディは、オーソドックスなシルバーベースのカラー。状況を選ばず使えるオーソドックスなカラーです。

 

#ギラギライワシ

#ピンクイワシ

#コットンキャンディ

 

【暖色系】:#アカキンタイガー、#マヒマヒ、#フルレッドは、シルエットをハッキリ出したい時、逆に言えば、フラッシングを抑えたい時に使用します。

#アカキンタイガー

#マヒマヒ

#フルレッド

【グロー系】:#ブルピンスラッシュ、#シルバースラッシュ、#ピンクスラッシュ、#パープルスラッシュ、#グローグローは、ローライト時、ナイトフィッシング、濁り潮などでアピールを高めたい時にセレクトします。

#ブルピンスラッシュ

#シルバースラッシュ

#ピンクスラッシュ

#パープルスラッシュ

#グローグロー

メタルジャッカー3タイプの効果的な使い分け

現在、「メタルジャッカー」には、(ライト)ショアジギングに使用できるモデルが3タイプあります。

当日の魚の反応を見つつ、3つのタイプのジグやアクションを使い分けることで、釣果を伸ばすことができます。

ここでは、モデル別の特徴と得意なアクションをご紹介します。

メタルジャッカー青物/太刀魚モデル

標準搭載されているフック仕様で名前が異なりますが、形状は、青物/太刀魚モデルで共通となります。

クセのないスタンダードなメタルジグで、エリアを選ばず活躍してくれます。

メタルジャッカーSJ(スロージギング)

名前の通り、スローな展開を得意とします。

移動距離を抑えたジャークやフォールアクションが有効な時は、「メタルジャッカーSJ(スロージギング)」の独壇場です。

「メタルジャッカーCJ(クレイジージェット)」

後方重心のため、他モデルと比べて飛距離が伸びやすく、着底性能に優れます。ディープエリアや潮流が速いエリアで活躍するメタルジグです。

「メタルジャッカー」シリーズは、下記からも購入できますので、ぜひ、どうぞ!

幸田 達郎(Tatsurou Kouda) プロフィール

兵庫県出身、大阪府在住。ショア、オフショア問わず、幅広く釣りを楽しむ。ルミカ・スタッフ。ショップでのスタッフ経験を活かし、楽しい釣りを提供できるような商品開発を目指している。1996年生まれ