ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【陸っぱりで持ち運ぶのにジャストサイズ】手持ちのルアーを数多く収納可能!明邦化学工業「VS-1200NDDM」を入手

ルアーマンなら誰もが持っている「ルアーケース」。

大きすぎると荷物になり、小さすぎると手持ちのルアーの数が減ってしまう。ルアーケースを選ぶ時って意外と迷ってしまいますよね。

そんな中、先日記者はこちらのルアーケースを購入。

 

VS-1200NDDM【明邦化学工業】

明邦化学工業がラインナップしている「VS-1200NDDM」を購入。

こちらに決めた理由は、ルアーを数多く収納できるにも関わらず持ち運ぶのに絶妙なサイズ感だったから。バスやシーバスにショアジギングといったルアーゲームをする中で、釣行時にプラグやジグを1つのケースにまとめると考えると「VS-1200NDDM」が丁度良い大きさだと思って即決。

因みにショップによって異なりますが、今回は税込価格1188円で入手できました。

サイズ 素材 備考 税込価格
255×190×60mm ポリプロピレン VS-3020NDDMと同サイズ
「VS-7070、VW-2070、BM-7000」下段にシステム収納可能
可変仕切板4枚付
ワームプルーフ
¥1,320

明邦化学工業公式「VS-1200NDDM」詳細ページはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

可変仕切板4枚が付属

可変仕切板4枚が付属品として付いています。

好きな位置に仕切り版をセットできるので、ジャンル別にルアーを収納したい時にも役立ちます。

 

ビッグベイトやその他プラグを数多く収納できる

VS-1200NDDM」はケース幅が広くて、内寸の高さも55mmあります。

つまり、スペースを取ってしまいがちなビッグベイトや大きめのプラグでも沢山収納することができます。記者自身も最も気に入っているポイント!

 

実際に手持ちのルアーもビッグベイトや大きめのプラグが多く、まずは可能な限りボックスにルアーを沢山詰め込みたいと思ったので、あえて仕切り版を使わずに広々と収納してみることに。

ただ、ルアーの大きさや形状、数に応じて仕切り版もこれから活用していく予定です。

 

愛用中のVS-7070との相性も抜群

普段使用している「VS-7070」の下段にも丁度イイ感じに収まってくれています。

余談ですが、普段から魚種問わずその時に最も釣りやすい魚を釣ろうと思っているので、このように何でも入れておくと色んな魚種に対応できるので常に中身はこんな感じです。

 

自立するので取り出しやすい

VS-1200NDDM」はBOX内で自立するため、取り出しやすいというのも魅力。

以下の写真のように他の荷物をどけても横倒れすることなく立った状態のままキープしてくれます。

 

取り出す際も、指を掛けて引き抜けるスペース「キャッチアップシステム」が採用されているので、蓋が開くことなく取り出せます。

 

こんな感じで新たにアイテムが増えましたが、これからも色々カスタムしていこうと日々色々考えています。今回の記事で「VS-1200NDDM」が気になった方は是非参考にしてみてくださいね。

 

紹介動画も参考に!

出典:YouTubeチャンネル「明邦化学工業MEIHO」

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!