ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【極秘チューンも大公開】ジャッカルから遂に「バウンティフィッシュ158」が登場!特長や使い方などを加木屋守(マーモ)が解説

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

いよいよジャッカルの新作ワーム、「バウンティフィッシュ158」が発売となります。今回はワームの具体的な特長やオススメチューニング方法などについて少し紹介していきたいと思います!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

いよいよ発売開始! ジャッカルの新作ワーム「バウンティフィッシュ158」

まずは、「バウンティフィッシュ158」のワーム本体をチェック!

Name Length Type Hook Quanity Price
バウンティフィッシュ158 158mm Floating オフセット#5/0~#6/0 4 ¥1,250

ジャッカル公式「バウンティフィッシュ158」詳細ページはこちら

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

大江川でナイスフィッシュを捕獲!

先日、大江川を訪れた時に「バウンティフィッシュ158」を実際に使ってみると、ナイスフィッシュをキャッチすることに成功! 本当にこのワームだからこそ獲れた釣り方でした。

その時の映像はYouTube「マーモチャンネル」で現在公開中ですので、ご覧いただきたいのですがなんといっても「バウンティフィッシュ158」はワーム素材でジョイントしているので、「ブラストボーンSF」などを入れることができない場所にも、スキッピングなどでアプローチすることができます。

 

実釣動画もYouTube「マーモチャンネル」で公開中!

出典:YouTube「マーモチャンネル」

 

ブラストボーンだと引っかかりそうだな…、とかブラストボーンだとあそこのオーバーハングの下に入れれないしな…、なんて場所にキャストすることがオススメ。

 

オススメチューニング方法

後はネイルシンカーを入れて、自由に水深を調整することができるのも良いトコロ。

腹側に0.9gを挿入し、頭にも0.3gを入れるとすごく安定した動きを出せますよ! また、もう1つのチューン方法として、フッキング重視のトリプルフックチューンもできますので、オフセットフックでバイトが乗らない時はトリプルフック仕様も試してみてくださいね!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【ダウズスイマー180SF】 秦拓馬のダウスイ!待望のダウンサイズモデルがついに登場!

【ドリフトクラブ45】マーモ加木屋 守プロデュースの甲殻類系NEWワームが2021年5月登場

ジャッカル赤パケシリーズのリズムグラブに2021年5月・新サイズ3inchが登場

【ジャッカル×シマノ】1ピースを超えるマルチピース「ポイズンアルティマ 5ピース」から早くも2本の新機種が登場

【カエラ S2 ビート】ジャッカルの人気ピンスポ撃ち系コンパクトフロッグに2021年新色4色が登場

【ナジーバグ】気になるジャッカルの新型ナマズルアーを詳しく紹介