ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル×シマノ】1ピースを超えるマルチピース「ポイズンアルティマ 5ピース」から早くも2本の新機種が登場

新製品総力特集2021

ジャッカルとシマノ。

2大メーカーのコラボから早くも10年。その時代の最新技術を採用し、現在に至るまでポイズンシリーズをバージョンアップし続けてきました。そんな中、昨年の2020年9月にフラッグシップモデルの「ポイズンアルティマ」から5ピースモデルが登場。一躍注目を集めるモデルに。

さて、そんな「ポイズンアルティマ 5ピース」から早くも追加機種が登場。

 

ポイズンアルティマ 5ピースとは?

追加機種の説明の前にまずは、「ポイズンアルティマ 5ピース」について。

 

一般的なマルチピースロッドのメリットは持ち運びやすくて、コンパクトというのが魅力。遠征や電車&自転車釣行でも便利。

しかし、「ポイズンアルティマ 5ピース」は機動性に優れているだけでなく、1ピースを超すほどの高性能を秘めています。

 

「マルチピースUBD」を採用

そもそも、1ピースor2ピースのオリジナルポイズンアルティマのブランクスには「UBD」という技術が採用。

「UBD(アルティメットブランクスデザイン)」とは、必要な材料だけを必要な部分に配置するテクノロジーで、ブランクスに無駄な肉を残さず、理想の調子を実現。強度とパワーを保持しながらも軽量化できるという理想的なロッドに。

そして、「UBD」がさらに進化した「マルチピースUBD」が搭載されたのがポイズンアルティマ 5ピース

ブランクスをグリップを含め5つのセクションに分断し、各ピースから強すぎる部分などを省いて、さらに軽さと緻密な調子を実現。

つまり、ネジレを抑えたいティップ部分にはハイパワーXのみを採用、つぶれを防ぎたいバット部にはスパイラルXを使うというように、適材適所のセクションを組み合わせることによって、これまでのワンピースや2ピースロッドでは不可能だった新しい調子に仕上がっているという。

各セクションの働き

 

#1 ティップ部

構造上つぶれにくいティップには、「ハイパワーX」のみを搭載。軽さを重視

 

#2 ベリー部

ベリー部にはスパイラルXコアとハイパワーXでネジレとつぶれの両方を強化

 

#3 3番節 / #4 バット部

径が太くなりネジレ剛性が増す3番節、太径でネジレにくいバット部分には、ハイパワーXは搭載せず、つぶれに強いスパイラルXコアのみを採用。

 

#5 グリップ部

1610M-5、1610MH-5にはトライアングルシェイプのフルカーボンモノコック。

266L-5にはカーボンモノコック+カーボンシェルグリップを採用。

こういった形で、それぞれのセクションごとに必要となる技術を取り入れたことで、1ピースを超えるような性能と使用感を実現しています。

 

次ページでは新たに追加した2機種に注目
1 / 2
次へ