ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【21カルカッタコンクエスト】MGLⅢスプールほか最新技術によってフルリニューアルを遂げる名機がいよいよ2021年3月に

シマノのベイトリールと言えば。

で、思い当たるアングラーも多いはずの名機「カルカッタコンクエスト」。

今なお広く支持される14カルカッタコンクエストから、実に7年ぶりのモデルチェンジ。

巻き心地・キャストフィールが向上し、その上でコンパクトになったという21カルカッタコンクエスト。まずは「100/100HG」から、いよいよ3月に登場。

 

21 カルカッタコンクエスト 100/100HG

2021年3月登場予定

 

 

シマノ公式「21カルカッタコンクエスト」詳細ページはこちら

 

先行して登場するのは100/100HG

MGLⅢスプールの搭載、ボディのロープロ化によって劇的に小型になったと言われる「21カルカッタコンクエスト」。

中でも100番台は、01カルカッタコンクエスト50/51と比べても遜色のないサイズ感と評されるほど。実際にスプール径は36mmから33mmへと小さくなっており、巻き上げ力やドラグに関しては100番台、サイズ感は50番台とも。

つまり、しっかり握り込める。そして、スプール高さが低くなっていることから親指への干渉が軽減、手首の自由度が増し操作性が向上。

品番 ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ナイロン糸巻量
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
100
RIGHT
5.6 4.5 220 33/19 12-100、14-90
16-80、20-65
58 42 13/1 54,600
100HG
RIGHT
7.4 4.0 220 33/19 12-100、14-90
16-80、20-65
77 42 13/1 54,600

※HG=ハイギア仕様

 

詳細はこちらでもチェック

より力強く、より軽やかに、よりコンパクトに。7年ぶりのリニューアル!シマノ「21カルカッタコンクエスト」登場!

 

関連動画

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

3月以降に登場するLEFTモデル、200番台のスペック

4月に200/200HG、5月には101/101HGは5月が、そして、201/201HGは6月に登場予定。

品番 ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ナイロン糸巻量
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
101
LEFT
5.6 4.5 220 33/19 12-100、14-90
16-80、20-65
58 42 13/1 54,600
101HG
LEFT
7.4 4.0 220 33/19 12-100、14-90
16-80、20-65
77 42 13/1 54,600
200
RIGHT
4.8 6.0 235 38/21 12-165、14-145
16-120、20-100
57 42 13/1 56,700
201
LEFT
4.8 6.0 235 38/21 12-165、14-145
16-120、20-100
57 42 13/1 56,700
200HG
RIGHT
6.5 6.0 240 38/21 12-165、14-145
16-120、20-100
78 42 13/1 56,700
201HG
LEFT
6.5 6.0 240 38/21 12-165、14-145
16-120、20-100
78 42 13/1 56,700

※HG=ハイギア仕様

 

100か200か。イロイロ好みは分かれるトコロですが、根強いファンの多い100番台。そのコンパクトさから取り回しの良さなどに、否が応でも期待大。

 

シマノの最新バス関連情報はこちらでもチェック!
→シマノ公式Facebookページ「Shimano BASS Station

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。