ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

その圧倒的な飛距離に震撼するときがいよいよ。シマノ「21アンタレスDC」RIGHTモデルは2021年3月登場

ベイトリールは右巻きですか? 左巻きですか?

人それぞれ右巻き派・左巻き派があり、操作系は左巻き、パワー系は右巻きと使い分けるなんていう方も。

2021年フルリニューアルを遂げた話題のこのリール。いよいよ3月に右巻き(RIGHTモデル)が先行して登場。

 

21アンタレスDC

RIGHTモデルは2021年3月、LEFTモデルは5月登場予定

立ち上がりが軽く伸びのよい弾道を生み出すMGLスプールⅢをDCリールとして初めて採用し、ラインがなくなるほど飛んでいくとも言われる、シマノベイトリールのハイエンドモデルにしてフラッグシップ機「21アンタレス DC」

シマノ公式「アンタレスDC」詳細ページはこちら

 

先行して登場するのはこちらの3アイテム

2021年にLEFTモデルに先行して登場するのは、こちらの3アイテム。

「RIGHT」「HG RIGHT」、そして21アンタレスから追加となるモデル「XG RIGHT」。

ちなみに、LEFTモデルは2021年5月登場予定。

 

伊豫部 健×秦 拓馬のインプレッション

失速直前で発揮される“ひと伸び”が正確なアプローチを可能に

「最初に使った印象は、DCがしっかり効いてライントラブルを抑えつつも、自分が思い描いたとおりに飛んでくれるということ。逆風時などはブレーキが強く掛かる場面ですが、以前まではポイントの手前で失速していたような状況下でも、“あとひと伸び”があるんですよ。これが緻密な制動管理ができる4×8DCの威力なんでしょうね。スプールが薄肉化されて飛距離も伸びたように思います。キャストしたときの伸びやかな弾道は、やはりアンタレスですね。」

 

爆発的な飛距離を自然に得られる。広範囲をサーチする釣りに欠かせない1台。

「21アンタレスDCをテストで使って、まず飛距離が飛躍的に伸びたことに驚きました。キャストフィール自体は、良い意味で前モデルと変わらないんです。でも新旧のアンタレス DCを投げ比べてみると飛距離が数mレベルで違う。マグナムライトスプールⅢは飛距離アップに貢献しているし、4×8DCもしっかり効いているのですが、この飛距離を自然に得られるのが素晴らしい。ロングキャストで広範囲をサーチしていくような釣りにおいては、僕にとって欠かせない1台になりそうです。」

 

スペックはこちら

品番 ギア比 最大ドラグ力
(㎏)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ナイロン糸巻量
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
RIGHT 5.6 5.0 220 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
65 42 11/1 77,000
LEFT 5.6 5.0 220 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
65 42 11/1 77,000
HG RIGHT 7.4 5.0 220 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
86 42 11/1 77,000
HG LEFT 7.4 5.0 220 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
86 42 11/1 77,000
XG RIGHT 7.8 5.0 225 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
91 45 11/1 77,000
XG LEFT 7.8 5.0 225 37/19 12-130、14-110
16-100、20-80
91 45 11/1 77,000

※HG=ハイギア仕様

詳細はこちらもチェック

【シマノベイトリールのフラッグシップ】「アンタレスDC」がモデルチェンジ!MGLスプールⅢ搭載で異次元の飛距離に

 

関連動画

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

まずはRIGHTモデルから。その飛距離に震撼するときがいよいよ。

 

シマノの最新バス関連情報はこちらでもチェック!
→シマノ公式Facebookページ「Shimano BASS Station

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。