ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬にも関わらず圧倒的釣果】加木屋守(マーモ)イチオシ!ジャッカルの新作ワーム「ドリフトクラブ」の激釣れテクニックとは?

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! マーモです。

相変わらず新作の「ドリフトクラブ」の炸裂がとまりません(笑)。今回も引き続き「ドリフトクラブ」について解説していこうと思います。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

カニが生息していないエリアでも有効! 「ドリフトクラブ」

冬の時期にも関わらず圧倒的釣果! モチロン、「ドリフトクラブ」はカニが生息している長良川で強いのはモチロンですが、カニがメインベイトでなくても幅広いフィールドで釣れる要素を秘めたアクションをしてくれます。

ですので、カニが居ないフィールドでも是非使っていただきたいワーム!

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

 

ドリフトクラブの必釣テクニック

特に最近は水中の木に引っ掛けてシェイクさせる釣り方が面白く、この釣りにパワーを感じます。

ドリフトクラブ」は両脚同じ形ですので、水平アクションを非常に出しやすい形状。

 

つまり、木に引っ掛けてシェイクした時や引っ掛けた木の頂点からシェイクさせながら落として行く時の水平フォールが非常に綺麗にだせます。

僕のSNSでもその動画をアップさせていただいてますので、Twitterや Instagramを是非ご覧下さい!

https://twitter.com/ma_mo_s/status/1360066233060585472

 

この釣り方では最近だと長良川で連発したり、ハイシーズンが待ち遠しいです。

 

5月登場予定でタイミング的には最高かと思いますので、皆さん是非楽しみにしていてください。

もちろんチューニングしたドリフトクロー改でも、代用可能ですので今すぐ使ってみたい! という方はお試し下さい。それではまた来週!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【カエラ S2 ビート】ジャッカルの人気ピンスポ撃ち系コンパクトフロッグに2021年新色4色が登場

【ナジーバグ】気になるジャッカルの新型ナマズルアーを詳しく紹介

2021年ジャッカルの注目! 新作バスルアー6個それぞれを詳しく紹介【新製品】

【リルビル70F】タダ巻きでの食わせ力が高いオカッパリ対応NEWクランキングミノーを詳しく紹介【ジャッカルの2021年注目バス釣りルアー新製品】】

【ドリフトクラブ】マーモ加木屋 守プロデュースの甲殻類系NEWワームを詳しく紹介【ジャッカルの2021年注目バス釣りルアー新製品】】

【バウンティフィッシュ158】カバー攻略特化型・ネットジョイントシステム採用の特殊構造系ワームを紹介【ジャッカルの2021年注目バス釣りルアー新製品】】