ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リルビル70F】タダ巻きでの食わせ力が高いオカッパリ対応NEWクランキングミノーを詳しく紹介【ジャッカルの2021年注目バス釣りルアー新製品】】

新製品総力特集2021

ジャッカルから2021年登場予定の注目の新作ルアーをご紹介! それは…

リルビル70F【ジャッカル】
Lill Bill 70F

2021年登場予定

ジャッカルから2021年登場予定となっているのが、タダ巻きでの食わせ能力が突き詰められた新型クランキングミノー「リルビル70F」。

Name Length Weight Type Hook Price
リルビル70F 70mm 4.0g Floating #10 ¥1,380

ジャッカル公式  リルビル70F  詳細ページはこちら

このリルビル70Fはタダ巻きした時に、従来のミノーではアピール&波動が弱いけど、従来のクランクやシャッドでは波動が強すぎる…。
そんな悩みを解消するべく、弱すぎず、強すぎない、アピールと波動の最適解を求めて開発されたモノ。

完成したリルビルはタダ巻きしてやるとややハイピッチなウォブンロールを見せ、アピール力を担保しながら食わせ力も◎、

潜行レンジは50cm弱から1m弱を守備範囲にしていて、マグネット式重心移動システム搭載で飛距離も出るので、オカッパリでかなり武器になるプラグになっています。

 

リルビル70Fの特長をピックアップ

リルビル70Fの特長をさらに詳しく見ていきましょう!

ワイドリップ形状

ワイドリップ形状を採用する事で、ただ巻くだけでもハイピッチなアクションを生み出し、適度な引き感によって水中の微かな変化を察知することが可能です。

 

安定した飛行姿勢

細身&軽量のミノーにおいて、遠投性能は重要な要素のひとつ。
リルビル70Fマグネット式重心移動システムの採用により空中で安定した姿勢をキープし、軽量ながら伸びやかな飛距離を得ることに成功しました。

 

細身のシルエット

全国各地に生息するワカサギやモロコ、オイカワ、シラウオといった細身のベイトフィッシュをイミテートしたシルエットを採用。
フィールドを選ばないサイズ感です。

 

リルビルについて小野敏郎さんの解説動画もぜひチェック

【バス釣り】原点にして最先端のクランキングミノー リルビル70F・Lill Bill 70F /小野俊郎

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

 

カラーは、ナチュラル系、ハイアピール系、シラウオ系の3系統トータル10色のラインナップ

 

ナチュラル系は5色

 

ハイアピール系は3色

 

シラウオ系は2色

ハイプレ場や、クリア系フィールドなど、なかなか食わせるのが難しい局面や、オカッパリで使ってみたいです!