ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サブタックルケースにオススメ!程よい容量のメイホウのVS-7010

釣りには様々なジャンルがあります。

ルアーフィッシングといっても、フレッシュやソルトで大きく異なりますし、細分化すれば今や様々なジャンルが存在しています。

もちろん、ジャンルが違えば使用するルアーやライン、シンカー、フックなど細かなアイテム諸々も変わります。

今回は新しいジャンルの釣りをスタートさせた方にオススメのタックルボックス!メイホウの「VS-7010」をご紹介します!

釣りを始めたてのビギナーの方にもオススメの程よい容量のタックルボックスです!

程よい容量とコストパフォーマンスが魅力の「VS-7010」

この「VS-7010」は釣りを始めたて、新しいジャンルの釣りをスタートさせた方にピッタリの程よい容量のタックルボックスです。

ボックスを開けると上・下段トレイが展開され3段式に収納できるようになっています。

それぞれの容量は上段で242×120㎜、中段で242×128㎜、下段で270×156㎜のサイズになっています。

各トレーは可変仕切板がついているので、自由に調整が可能です。

VS-8010やVS-8050のような巨大なタックルケースには及ばない、でもジャンルの違う釣りのアイテムを分けて収納したい、そんなときにこのボックスは最適です。

各トレーにルアーの収納もできて、下段にはラインやシステムケース5インチサイズが重ねられるなど十分な容量を備えています。

これから釣りを本格的に始めたい方へ、最初のタックルボックスとしても非常にオススメです!

お値段も販売価格¥2,200(¥2,420 税込)とお手頃なのも魅力!

実際筆者もこのボックスは最初のタックルボックスはこちらでした!

現在はバス用・ショアジギ用に加え、第三のサブボックスとして活用中です!

メイホウ公式VS-7010詳細ページはこちら