ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

完成度高い「アシストフック鎌斬」登場!超攻撃的フックと遠くから気付かせるアシストラインの組み合わせ

新製品総力特集2021

がまかつから2021年に「アシストフック鎌斬(かまきり)」が登場します。

「ジギングフック鎌斬」を使用したアシストフックで、ショートシャンクワイドギャップ形状により素早く魚体を捉えられる性能になっています。

超攻撃的アシストフックの性能!

まずは採用されているフック「ジギングフック鎌斬」について簡単におさらいを!

「超攻撃的ジギングフック」ってな記載が公式webサイトでもされているわけなのですが、つまりは素早く掛かる早掛け系フックといえます。

それはショートシャンク&ワイドギャップがもたらすもの。

写真は3/0のショート。各サイズ、ショートとロングの2タイプあり

シャンクが短く、フッキング時にはタイムロス&パワーロスなく素早くハリ先が立って魚体に刺さりにいきますよね。

シャンクが短いからフッキング時にフックがたわみにくい。

ワイドなギャップは掛かった後のキープ力を高めてくれます。

また、ジギングフック鎌斬は結構軽めなフック。掛かりの早さと合わせて、フォールバイトもかなりしっかり掛けにいけるのではないでしょうか。

また、がまかつには「ジギングフック鎌鼬(かまいたち)」というフックもあります。

比較すると、「鎌斬」は「鎌鼬」に比較して径が太く、軸がしっかりしていてマイクロバーブがあり(鎌鼬はバーブレス)。

このあたりを見ると、ガチな青物や大型根魚などを素早く掛けながら強気の勝負ができる設計といえるかもしれません。

鎌斬はマイクロバーブ仕様

誘い重視のジギングに!ジギングフック鎌斬

アシストライン480の採用

そしてアシストラインは「アシストライン480」を採用。

アシストライン480は480nm(ナノメートル)の色、シアンを意識したカラーリング。

簡単にいうと、魚が認識しやすい色で、アシストライン480があることで「遠くからジグが大きく見える」ようにセットされています。

ジギングフック鎌斬とアシストライン480の組み合わせは、結構コダワリがあって作られているんですねぇ。

遠くの魚をアシストラインの色で呼ぶ。面白いコンセプトの「アシストライン480」

アシストラインは各号数ショート、ロングの2タイプあり!

アシストフック 鎌斬 ショート
フック 寸法 PE 入数 希望本体価格(円)
2/0 20mm 15号 2 750
3/0 25mm 20号 2 750
4/0 25mm 20号 2 800
5/0 30mm 25号 2 800
アシストフック 鎌斬 ロング
フック 寸法 PE 入数 希望本体価格(円)
2/0 25mm 15号 2 750
3/0 30mm 20号 2 750
4/0 30mm 20号 2 800
5/0 35mm 25号 2 800

ラグゼ公式アシストフック鎌斬詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。